学資保険とは、将来かかるであろう子供の教育資金に備えようとする保険です。知ってのとおり、子供の教育には多額のお金がかかります。その時その時の親の収入から出せればそれでも良いのかもしれませんが、やはり備える必要性があるという考えもあるでしょう。子供が小さいうちは教育費もさほどではないかもしれませんが、特に大学入学時には大きなお金がかかるものです。入学金や授業料、あるいは教育費とは少し話が異なるかもしれませんが、大学に入学すると親元を離れて一人暮らしを始めることもあるでしょう。そうなると引っ越しの費用や賃貸マンションの費用なども併せてかかってくることになります。このようなことに備えようとするのが学資保険です。
ですから、子供のいない人には全く何の関係もない保険です。また、子供がいても既に成人しているとか、就職しているというような人にも何の関係もありません。ただ、一部には、自分自身の子供ではなく孫のための保険もあるにはあります。
タイミングですが、これはセオリーから言えば子供が生まれる時点でできるだけ早くということになります。この保険は一種の積立預金的な性格を持っています。積立預金である以上、できるだけ長い期間にわたって積み立てるほうが毎月の積立金額は同じでも結果的に大きなお金になりますし、最終的に必要とする金額が同じである場合には毎月の負担が少なくて済むからです。このような性格を持つ保険である以上、焦らず長い期間にわたってコツコツと積み立てるというのが基本です。

学資保険とは~必要性と選び方やタイミング

ですから、子供が生まれる0歳から加入するタイプの保険が多くなっていますが、これが絶対というわけではありません。2歳や3歳で入っても構いません。ですが、多くの保険は小学校入学時くらいまでがラストタイミングです。それを過ぎてしまうと選べる保険の種類も少なくなってしまうでしょうし、積み立てることのできる期間も短くなってしまう以上、月々の家計に大きな影響を及ぼすことなくお金を払い込んで最終的に受け取れる金額というのも少なくなってしまい、十分な備えとすることはどんどん難しくなってしまうからです。
できるだけ早く加入することを前提として、選び方の基本としては、やはり満期時に必要とされるお金の目安はいくらくらいなのか、いくらくらいのお金があれば大学進学時の備えとして安心できるのかということから逆算することになるでしょう。これは大学によっても、また学部によっても大きく異なりますが、受験や入学にかかる費用ということだけであれば50万円から100万円程度もあれば何とかなるかもしれません。ですが、ここに一人暮らしを始めるための費用が加わればまた話も違ってきますし、大学の場合は入学後も毎年多額の費用がかかります。大学の4年間に必要な授業料や生活費は少ない場合でも500万円、多ければ1000万円という数字もあるくらいです。
100万円程度であればともかく、1000万円もの金額となると先を見据えて積み立てていったとしても用意するのは簡単ではありません。そういう場合は奨学金を活用してもらうなり、本人もアルバイトで少しでも稼いでもらうなりすることを考えないといけないでしょうが、それでもかなりのまとまった金額を親として用意しないとおちおちと入試に合格することもできないといった事態になってしまいかねません。
仮に300万円程度を18歳時に受け取れるようにしておけば大学生活での基礎的な費用は賄えると考えたとしますと、どのような学資保険があり得るでしょうか。子供が生まれた0歳から、中学を卒業する15歳までの15年間にわたって積み立てるとしますと、年間に20万円を積み立てればよい計算です。月々にすると1万7千円程度になります。最初はどうなることかと思ったかもしれませんが、月々にこの程度の金額であればさほど大きく家計に穴をあけることなく対応できるのではないでしょうか。
ただ、これはあくまで基本的な計算をしただけです。0歳から15歳まででなく、5歳から15歳までの10年間が積立期間になってしまったとすれば、年間の積立金額は30万円となり、月々にすると2万5千円になってしまいます。また、これは子供が一人の場合の話です。兄弟姉妹がいる場合には全く話も異なってきてしまうでしょう。
また、加入するタイミングだけではなく、お金を受け取るタイミングや必要性についても併せて考えておきましょう。確かに教育上のイベントでは大学入学時が最も大きな出費となるでしょうが、他のイベントでは全くお金がかからないわけではないでしょう。特に私立の学校に進学したような場合は、大学でなくても高校や中学でもそれなりの出費になる可能性もあります。そういうイベントを見越して、その際に積み立てたお金の一部を受け取れるようになっている学資保険もありますから、よく検討するのが良いでしょう。

学資保険の返戻率を絶対に無視してはいけない理由

学資保険の返戻率とは、支払った保険料総額に対する満期にともなって受け取ることのできる金額、つまり受取率の割合をいいます。受け取りが出来る金額には、ある年齢でもらう入学祝い金などを含むすべての給付金をいいます。学資保険の機能の第一は貯蓄性にあり、その目的は子どもの将来の学資に当てることなので、この割合が高いほど目的に適った良い契約をしたということになります。
学資保険に加入すると毎月一定の保険料を支払うか、あるいは契約時等に一括して保険料を支払うかしますが、受け取ることのできる金額は、支払った保険金の分だけ受け取るのではなく、金融市場の金利等に影響されて保険料総額より多い場合も、少なくなってしまう場合もあります。基本的には、学資保険の返戻率は100%が基準となっていますが、実際にはぴったり100%を受け取るという商品はほとんどなく、現在販売されているもののほとんどが、100%を超えています。平均ではq05%前後で、高いものは110%を超える状況です。受取総額は支払った保険料総額に返戻率を乗じて算出した額ですが、仮に280万円支払ったとして、280万円×1.1≒308万円で、28万円多く受け取ることになります。しかし、場合によっては受取総額が支払総額より少なくなるという元本割れの状況に陥ることもあります。日本銀行は景気回復施策の一つとしてマイナス金利政策をうちだしていますが、これまでは一般の金融機関は企業や個人から預かった貯金等を日本銀行に預けて利息を得ることができましたが、マイナス金利のもとでは企業も預金をすることに躊躇します。その結果としてお金を日本銀行に預けるよりも個人や企業に融資するようになり、住宅ローンや車のローンの金利が引き下げられ、これが学資保険の給付額の受け取りにも影響を与えることになってしまいました。
保険会社は保険料を決める際には、予定利率を基礎利率としています。保険会社が事前に見込んだ収益を予測した割合を予定利率といいますが、予定利率は金融庁が定めた標準利率をもとにして決定され、標準利率は、国の経済状況により変化し、標準利率が高くなれば予定利率が高くなり、予定利率が高くなれば保険料は下がり、予定利率が低くなれば保険料が高くなるというわけです。
では、実際に各保険会社の学資保険はどのようになっているかですが、ソニー生命の商品は返戻率が他社と比べて非常に高いです。特に新しく出来た米ドル建て養老保険(無配当)学資プランは、学資金を米ドルで備えることができ、円建ての保険や金融資産と組み合わせることでバランスよく学資金を準備するkとが出来、進学時の費用のみでなく留学やロングステイ等にも活用できます。この保険料を18年間で払い込み、18年満期の場合の受取率は108.4%、保険料を5年間で払い込み、18年満期の場合のそれは128.6%になります。被保険者である父親等が死亡等万が一の時も教育資金を備えることが出来ます。又、進路にあわせて受け取り方法や時期を選択でき、教育資金の用途にあわせて受け取るタイミング等自由に選ぶことができます。保険期間は15年満期~20年満期まで1年単位で選べますし、保険金の受け取りは、一括受け取りに変えて米ドルでの据え置きや、保険金の全部または一部を年金で受け取ることが可能です。保険料はまとめて払うほど払込総額が割安で」返戻率も高くなります。年払で、18年満期、保険期間18年、保険料払込期間5年の場合の受取率は130.9%にもなります。ただし、これらは米ドル建のため為替変動を受けるので円換算によるのとは異なります。

どんな会社の学資保険が良いの?

明治安田生命のつみたて学資も返戻率は高いです。保険料を一括で払い込むと受取率は109.0%になります。この商品は被保険者である子どもの年齢が0歳から万6歳まで、契約者は万18歳~満45歳(被保険者が満2歳以上の場合は満40歳まで)の条件がありますが、保険料の払い込みは15歳で終了し、契約者が万一の事態に陥った時は保険料の免除もあります。基準保険金額は75万円と50万円で75万円では高額割引適用され受取総額300万円、保険料2,749,776円なので109.0%の高率になります。
フコク生命のみらいのつばさという商品も約104.7%と高い率で受取りできます。ステップ型とジャンプ型と二つの選択肢があって、ステップ型は入園・入学時に祝い金を受け取って22歳のときに満期金を受け取るプラン、ジャンププランは18歳の時に大学入学祝い金100万円、22歳の時に満期保険金100万円を受け取るプランです。どちらも満期金の受け取りは22歳の時と決まっています。また、兄弟姉妹がすでにみらいのつばさに加入していると、二人目の子供から保険料が割安になるユニークな特徴もあります。祝い金は11月1日に受け取りが可能で大学の入学金に当てられます。