Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

2018年 11月 の投稿一覧

5歳から学資保険に加入するのは保険料が高くなる?FPが分かりやすく解説!

結婚して子供が生まれるとまず考えるのが子供の名前ですよね。

その次に考えるのは、子供の将来についてでしょうか。

産まれた子の将来についてあれこれと想像してしまいます。

歩くようになって、保育所や幼稚園に行き、小学生になり中学・高校・大学と進学していくことを考えていくと子供を育て上げるのにいくら位お金が掛かるだろうと不安になるなってくるものです。

小学校に入る前から、スイミングや英語などの習い事に始まり小学校へ上がると、塾などの負担も増えます。

中学校に入れば部活動でも遠征費や必要な道具などにお金がかかるかもしれませんし、高校へ行くようになると大学受験を見据えて塾の値段も高くなりますし、夏期講習や冬季講習など期間集での塾の費用は数十万もかかるところもあるそうです。

子供も一人なら十二分にお金をかけてあげることも出来ますが、複数人の子供に平等にしてあげるときには、それぞれに奨学金に助けを求めてという事を考えなくてはいけないかもしれませんが、大学卒業と同時に奨学金という名の多額のローン返済を背負わせるのかと思うとそれは避けたいと思うのが親心です。

それもこれもすべて愛する我が子のためと思うのですが、無い袖は振れません。

子育てにかかるお金として学費だけでだいたい1000万円くらいで、このほかに生活にかかる衣食住のお金が掛かるといわれていますが、これはすべての人に当てはまるわけではありません。

それはなぜか。

進学する学校が私立か公立かによって違いますし、大学に行っても理数系か文系化で違ってきます。

ましてや、医師になる事を目指す事になると大学だけで数千万の学費がかかるといわれています。

自分の子供が大学進学するときにお金がないから大学はあきらめてなどと言わなくていいように、生まれた時から学資保険に加入して将来の学費をためる親御さんがたくさんいますし、孫のために加入する祖父母もいます。

生まれた時から、高校2年生の17歳や高校三年生の18歳に満期になるようにしておくと、まとまったお金が必要になる大学や専門学校進学時に準備が出来ているというのが、学資保険の大きな魅力といえますが、最近の傾向として少子化の影響か生徒の囲い込みが早い時期から始まり18歳満期で加入してはいたが満期金が入る前に入学金の支払いが必要になる場合があります。

日本には生まれてから15歳の年度末までの2月・6月・10月の一年に3回、総額約210万円もの児童手当が当たる制度があります。

これにもできる限り手も付けずに貯めていけば中学卒業時までにまとまった金額を貯金できる計算になりますが生活費に流れがちな児童手当もがっちり子供のためにため込んでください。

大学進学時に必要なお金としては、受験するための宿泊費や受験料で思いがけず出費が重なります。

いざ、大学に合格すると入学金や学費のほかに、自宅通学出来ない場合のアパートの敷金礼金に仕送りのお金に新生活に必要な環境を整えるためにといくらあっても足りないくらいにお金が必要になります。

大学受験のお子さんを持つ親からよく聞くのは、お金に羽が生えたように飛んでいくという大学受験に合格してうれしいけど経済的に大変という愚痴でしょうか。

それでも、生まれた時から18歳満期までの18年間という長い期間で毎月少しづつ子供のためと思って保険料として払っていけば、300万円の満期金として受け取る場合はひと月に1万4000円ほどの保険料となるでしょうか。

月に1万4000円を18年間貯金しても300万円になるから学資保険に入らず貯金するという方もいますが、本当に18年後、300万円貯められているかというと貯金だと、下ろしやすいのでちょっと借りるつもりが重なり、大学進学時に全然貯金がなく準備するのが大変だったというお話もよく聞きます。

その点、一度加入してしまえば解約しづらい学資保険にしておくと満期の時にお金を受け取れて、進学時に慌てることもなく、子供の進みたい道へ歩ませてあげることができることでしょう。

もし、生まれたときは経済的余裕がなく保育園などにも出費がかかり5歳から18歳満期になるようにの300万円の学資保険に加入した場合はどうかというと、5歳から18歳までの13年間という長いようで短い期間で満期金を積み立てるので月2万円程の保険料になるでしょうか。

ひと月に2万円の保険料がかかるとなると、家計にかかる負担は相当重くなります。

家計の負担にになる保険料はかけ続ける事が出来なくなり、保険の失効につながります。

保険が失効したから後は貯金の積み立てをして貯めようと思っても、保険料として払えなかったのに貯金で積み立てていくというのは余程、このお金は子供の学費として積み立てているから使わないと強い意志を持ってしても、難しいです。

このことから早い時期からできる限り長い時間で月々の保険料を抑えられるように計画的に学資保険に加入するのがおすすめです。

情勢が変る4歳からの学資保険についてFPが分かりやすく解説!

創造力を活用することによって人間は先の未来を予測することができますが、そのひとつとして子供のための学資保険があります。

先のことというのは目に見えないことですが、実際にはこれから起こりうることを考えて予防をすることで対応ができます。

これからの時代は教育分野はとても重要になりつつあるのは、日本のみならずインターナショナルな考え方をしていかないといけないからです。

その教育の為に学資保険を検討するには生まれる前から準備する場合もありますが、何もすぐに用意できなくても4歳からでも遅くは無いといえます。

何よりも若いころというのは給料や生活面でも苦労をすることが多く、子供が安定して大きくなってくることによって生活費などが楽になることも少なくありません。

お金を貯めることだけであれば、銀行預金やゆうびん貯金でも用意はできますが、メリットとしてあるのが払込免除特約がついているからになります。

これはわかりやすくいえば、契約者(両親のどちらかが加入している)に万が一のことがあった場合に、それ以降の支払いが免除になるというシステムになります。

そうなってくると一家の大黒柱がいなくなったとしても子供のための教育費が無くなるということになりませんので、活用の仕方によってはかなり安心ができます。

先行きの不安がある人では、必ず学資保険に加入をして将来の安心を得ていたほうがいいということがいえます。

また子供が進学をするとまとまったお金が必要になりますが、それをサポートしてくれるのがメリットです。

貯蓄をすることができるので、いつの間にかお金が貯まっていることになりますが、これを自分の意志だけでやろうとおもってもなかなかお金というのは貯まるものではありません。

生活の中で住宅を購入することもありますし、車のローンや生活費なども馬鹿にならないくらいかかることもあります。

一番、考えたくないのは病気などで高額な医療費を払わなくてはいけないことも考えられます。

これは自分達だけではなく、自分の両親や兄弟が困ったときにはサポートをしなくてはいけないのもあり、生活をしていくというのはそれだけ生半可な気持ちではお金を作ることができないからです。

そして4歳からでは保険は遅いというプランナーもいますが、実際にはどのくらいの余裕があり家計が助けてくれるのかを計算をすると、そんなに難しいものでもなく支払い総額の100%は払戻しがあるのがわかっています。

それだけにいまからすぐということではなく、4歳からでも考えておくことで人生設計も見直すことができるのも大きなメリットです。

また金融商品というのは近年は低金利時代となっている背景もありますので、あわてて加入する必要性も少なくなってきているのも現状です。

そして家庭環境の変化によって少子高齢化ということのほかにも、介護のことも視野に入れて生活を保障していくことが必要になっています。

それらを踏まえていくと家族がこれからも増えていくのかどうのなかということは、生活をする上でもとても重要になっていて、学資保険の検討に時間がかかることも当たり前です。

安易に加入しないでこれからの世間の情勢を見ながらどのように対処をしていくことがベストなのか、また教育環境なども変化する可能性も視野に入れることになります。

教育環境の変化では習い事が多くなっているのも、顧問の先生によって部活動の減少があり、スポーツに対する活動量が少なくなっています。

もちろん、塾なども通う生徒が多くなっていますので、この背景には学校教育に対する変化が大きくおきているといわざる得ません。

教育環境を整えていくには、義務教育が終わり高校から大学、また専門職へと進む場合にはお金がかかります。

保護者である両親が考えていくことで子供の将来を作っていくことができますし、理想のコースへ進むことができるとモチベーションも違ってきます。

特に医療などの専門職などに進みたい子供が増加しているのは、学力を挙げて将来的なイメージを高めていくことが生活を安定させることだとわかっているからです。

中には医療保障としてはあまり内容がどうかと考えている人もいます。

しかし、こちらも考え方であくまでも学資保険というは、子供の将来を前提にしていますので、医療とは切り離して考えることが無難といえます。

インフレリスクも考えられる点でもありますが、メリットが大きいのは日本は教育分野に対する手厚い保護をしていることです。

地域によって格差は多少ありますが、教育を受けることができない環境はどこにも存在しません。

これは世界に通用する学力を手に入れることができることがいえますし、まったく読み書きができない子供もいないので、将来性が高い国になっているのがわかります。

もちろん早い段階で加入するに越したことはありませんが、4歳からでも選んでみることが将来性を変えていきます。

学資保険は誰のものかを考えて受取人を設定しよう!

年々大学への進学率は増加していますが、それに伴って大学の授業料等も値上がりしています。

今や国立大学に入学するのにも、決して安いと言える金額ではなく私立大学ならば更にお金が掛かってしまう世の中になりました。

そういった時代の背景を踏まえて、現在では子供が生まれたと同時に学資保険を掛けるという家庭が大変多くなっています。

この保険はその名の通り、子供の教育資金を確保する目的の保険で、一般的には子供が18歳になった時を満期と設定されています。

学資保険の最大のメリットは、月々少しずつ積み重ねて貯金して行くことで、丁度子供が大学に進学する頃に纏まった金額のお金が用意できているという仕組みになっていることです。

大学進学はたとえ国立文系を選択したとしても、4年間の間に何百万という費用がかかり、私大や理系ともなると更に負担が増大するといった状況で家計に負担が掛からない程度の金額をコツコツ積み立てることで、経済的な負担を軽減することが可能となっています。

しかし、18年という決して短くない期間の間には予期していない出来事が起こらないとも限りません。

ですから、学資保険を掛けるということを決めたのならば、まずは受取人である被保険者を誰にするかということを、しっかりと検討することが重要と言えるでしょう。

一般的に考えたら子供の大学進学のための貯蓄なのだから、子供のための保険というのが当然のように思われますが、学資保険というのは受取人が何に使用するかについての使用範囲には言及していません。

教育ロ-ンとは異なり、直接学校に振り込むという訳でもないので、何に使ったかに関しては受取人次第ということになる訳です。

つまり、例えば18年後に子供がどうしても大学に行きたくなくて働くと言い出し、その時期に丁度住宅ロ-ン返済に逼迫していたら、そのロ-ンの返済に充てるということも受取人の自由ということになります。

ですから、保険者イコ-ル被保険者といったパタ-ンでは、18年の間に離婚となり生計が分れてしまった場合などは面倒なことにならないとも限りません。

保険者が他の誰かと再婚して子供ができ、途中で保険金を支払わなくなったりしたら、子供がいざ大学進学となった際に資金が足りなくなってしまうということが起こりかねません。

それどころか途中で解約されてしまう可能性もある訳です。

従って、もしも夫婦の事情で離婚ということになり、親権は母親が持つというパタ-ンで保険の契約者が夫で受取人も夫という場合は速やかに契約者を母親に変えるか受取人を子供に変更することをおすすめします。

もちろん、離婚したからといって、子供に対する責任は全うする人もたくさん存在しますが、備えあれば患いなしでお金はあって困る事は無いということを覚えておいてください。

では、保険者が不幸にも亡くなったりその他の事情で保険が満期になる前に保険金を支払うことが出来なくなってしまったらどうなるでしょうか。

学資保険では、そんな「万が一」の時のことを考えて、保険金支払者の支払い能力が満期になる前に無くなってしまった場合でもその後の支払いが免除されて、満期金額を受け取ることが可能な貯蓄と保障をセットにした保険商品を設定しています。

このタイプの商品には子供の入院等の保障が付いていたりなど、手厚いサポ-トを受けることができるので、万が一の際にも安心です。

確かに大学に進学するためには、奨学金という制度もあります。

しかし、奨学金はすべてが給付型という訳ではなくそれどころか返済型のものの方が一般的となっています。

大学進学資金を何も用意していない状況で大学進学となれば、家庭によっては全額を奨学金から賄わなければならなくなってしまいます。

これは子供にとっては大変な負担となり、全額返済するのに何十年もかかったという話は枚挙にいとまがありません。

しかし、学資保険を掛けていたとしたらどうでしょうか。

たとえ大学資金の全てを賄い切れなかったとしてもかなり纏まった金額を手にすることができるので、残りを奨学金に頼ったとしても返済金額はかなり減額されることになるのではないでしょうか。

子供がひとりっ子ではなく複数いるという場合、この保険は更に意味を持つことになります。

子供ひとりでも育て上げるには相当のお金が掛かるというのにそれがふたり、三人となったら無計画のままでは大学進学の際に支払いが困難になるのは、目に見えている家庭がほとんどだと言っても過言ではないかもしれません。

そういった背景がこの保険の人気を高めることに繋がっていますが、せっかく入るのならばなるべく条件が良いタイプのものを選びたいものです。

何歳から入るのが良いのか、貯蓄と保険を併用するのか等、検討するべき事柄はたくさんあります。

しかし、中でも一番注意を払わなければならないのが、誰を受取人にするかということです。

たくさんの商品を比較検討しながらも、誰のものなのかということを改めて考えてから契約することを強くおすすめします。

自己破産をする時の学資保険の取り扱いについてFPが分かりやすく解説!

自己破産をしてしまった場合、借金の返済義務は無くなりますが、自分の持っている財産も清算しなければなりません。

ですから債務整理の中でも最終手段として位置づけられており、他に方法はないのかよく考えた上で行うことが重要だと言われています。

自己が所有している財産は現金に換えられて債権者に配当されることになり、時価20万円以上のものが対象となっています。

ですから、それ以下のものであれば所有を維持することが可能であり、対象は預貯金だけではありません。

どのような取扱になるのかが不安だという声をよく耳にするのが学資保険です。

子供の名義になっている学資保険がある場合には一見すると子供の名義なのだからそのままに残しておいても問題がないように感じますが、実は原則として解約されることになっていますので注意が必要です。

これは生命保険の取り扱いと同様であり、たとえ子供の名義であっても実質的に支払をしているのは親ですので、積み立てをしている親が自己破産をした場合には親の財産の一部として解約しなければなりません。

せっかく子供のために積み立てたものが解約されてしまうのは非常に厳しいことではありますが、一般的には誰が積み立てを行っていたのかということが重要になりますので、この場合は当然親が積み立てを行っていたと判断されて解約されるのが一般的です。

この話だけを聞くと、自己破産をしそうなご家庭ではもう学資保険を積み立てるのは止めようと思ってしまうかもしれませんが、全てが解約の対象となるわけではなくて解約返戻金が20万円を超える場合に限ります。

つまり、解約返戻金が20万円以下であればそのまま契約を残すことができますので、契約者貸付がある学資保険であれば、それを利用することによって解約返戻金を20万円以下に抑えるという方法もあるということを覚えておきましょう。

契約者貸付について知らない人も多いようですが、これは現時点での解約返戻金を担保にお金を借りられる制度のことであり、この制度が付いているものと付いていないものとがあります。

ですから、契約者貸付を利用したいと考えている時には、選ぶ時に付随しているかどうかをあらかじめ確認することが大切です。

このように貸付を行っているタイプはお金の困っている時にはとても便利なように感じてしまいますが、融資を受けられたら何に使っても良いというわけではなく、生活費や専門家への費用に充てるなどのしっかりとした説明ができるものに限られますので、用途は限られていることを知っておく必要があります。

通常は自己破産をするとほとんどの財産を手放さなければなりませんので無一文になってしまうようなイメージを持っている人も多いようです。

財産を全て没収されて無一文になってしまうために生活をすることができないと思ってしまいがちですが、本来は多重債務に陥ってしまった人を救済するための処置ですので、無一文になってしまうということはありません。

時価で20万円以上のものが対象となっていること以外にも覚えておきたいことがあり、自由財産といって時価で20万円以上であっても裁判所に認めてもらえれば保有を許可されることもあります。

現金で考えると99万円までは自由財産として取り扱われることになり、それを更に拡張させることも可能です。

ただし、それには相応の事情が必要であり、事情がなければ自由財産の保有や拡張は認められません。

自由財産を拡張することによって、解約返戻金が20万円を超える学資保険であってもそのまま維持できる可能性が出てきます。

全てがこのケースに該当できるというわけではなくて最終的には裁判官や葉さん管財人の判断に委ねられることになりますが、このような制度があることを知っていれば利用することで維持できる可能性が非常に高くなります。

子供のために一生懸命に積み立ててきたお金を残しておきたいという場合に利用できる制度ですので、いざという時の知識として覚えておきましょう。

この自由財産の拡張制度を利用したい時には裁判所に申し出る必要があります。

子供がいて積み立てているからといって自動的に適用されるわけではありませんので、手続きが必要なことも覚えておくことが重要です。

実際にこの制度を使って維持が認められた例も過去にありますので、何もしないよりは良い結果を生み出すかもしれません。

ただし、自己破産の手続きは申し立てを行う裁判所によって取扱いがかなり異なるケースもありますので、同じような事例であっても認められたり認められなかったりします。

過去の判例を見て自分もこの制度を利用できそうだと考えて申し出たにも関わらず認められなかったというケースもありますので、実際に申し出て見ないと分からない部分もあります。

色々な状況を考慮する必要はありますが、学資保険は子供に直接関わる部分ですので寛容な判断をする裁判所が多いことも事実です。