Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

2歳からだと少し遅い学資保険加入のポイントをFPが分かりやすく解説!

学資保険は積み立てるイメージで教育資金が増やせる、資金確保の選択肢となっています。

毎月の保険料を支払うことで、将来的にまとまった教育資金が受け取れる商品です。

満期までお金を支払い続ける必要はありますが、その分長く加入することによって、最終的に貰える金額がアップします。

ポイントは早期の加入で、子供が生まれたら1日でも早く保険を契約することでしょう。

2歳からというのは、保険の加入でよく話題となる年齢ですが、実は少し遅めであまり良い条件で加入するのは難しい状況です。

全く無意味ではありませんが、受け取りのタイミングを遅らせない限りは、年齢によって損なわれたデメリットが取り戻せないです。

逆にいえば、満期を通常よりも2年ほど後ろにズラすと、遅くなった加入の問題が解消できることを意味します。

学資保険では、加入期間が短くなるほど旨味が減るので、一般的な受け取りのタイミングを前提に、3歳や4歳から加入するのでは遅いです。

しかし、反対に早ければ早いほど期待値は高まりますし、満期で受け取れる金額が増やしていけるわけです。

2歳から検討するではやや遅いので、1歳どころか1歳を向かえるまでに検討を済ませておくのが理想的です。

一般的には、教育資金の負担が大きく発生する、進学のタイミングで受け取るケースが多いでしょう。

保険会社も、高校や大学の卒業と入学のタイミングに合わせて、受け取りの選択肢を用意しているものです。

20歳で支払ってもらえる場合もありますから、学資保険には選択肢の幅と、人生設計の自由度に柔軟性があるといえます。

ただ、本当にお金が必要な時に受け取れるのが一番なので、希望するタイミングが選べない保険商品は論外です。

計画的に加入をしたり、保険料を継続的に支払って満期に備える必要があります。

つまり、少しでも早く保険に入ることと、受け取りの年齢を選べる2つが重要となってきます。

2歳から保険料を支払うケースでは、毎月の負担が少し増えて、貰える金額が減ってしまう恐れもネックです。

この内、金額の減少は加入期間の長さによって、契約時に解消することのできる問題です。

必然的に満期を遅らせる必要があるので、人生設計の幅が狭くなってしまうデメリットが生じます。

それでも、受け取れるお金を大きく減らさずに済むのは魅力的でしょう。

残る問題は保険料の増加で、0歳時点での加入と比べると、月額に換算して2千円から3千円ほどの差が生まれます。

学資保険は、10年以上保険料を支払い続けることになるので、この差は後々大きくなって現れます。

折角のメリットが薄くなりますから、世間では2歳からの加入だと遅く、理想的なのは生まれて直ぐ0歳の時点で契約を結ぶこと、というのが一般的な認識です。

将来的な負担が見込まれる、教育資金を補う為の保険なので、なるべく多く受け取れるように気を付けるのは当然です。

ところが、満期で貰える保険金が支払った保険料の総額よりも上回るなら、2歳からでも決して遅くはなくなります。

早ければ早いほど良いのは揺るがない条件ですが、気が付いた時に保険に入るというなら、2歳でも遅くはないです。

むしろ何も対策をしないことの方が問題で、学資保険に入るのと入らないのとでは、子供の将来に大きな差を与える結果になります。

入れるなら契約して将来に備えておく、これが加入におけるポイントで、今からでも検討して考えておく必要のあることです。

2歳からでは遅いというのは、保険金の額を重視する人達の常識に過ぎないので、実際はまだまだチャンスがあります。

問題は、契約できる子供の年齢が過ぎてしまうことで、深刻さでいえばこちらの方が重いでしょう。

子供が1歳、2歳と年齢を積み重ねるだけでチャンスが遠のいてしまいますから、結局は早めに検討して契約を済ませるのが学資保険の基本です。

このタイプの保険には、子供の安心や親に万が一のことがある場合に備える、保険金とはまた違った手厚い補償があります。

怪我で入院が必要になったり、誰かを傷付けて補償が必要になった時に、経済的な負担を軽減してくれる仕組みです。

確率的には低めですが、病気で手術が必要にならないとも限りませんから、こういった事態に備えられるのは魅力的です。

10年20年先のことを考えるのも大切ですが、その間に起こり得る状況に想定することも、多様な可能性を持っている子供の親に求められる配慮です。

保険は親の希望を叶えてくれる商品で、加入が早ければ早いほど受けられる恩恵も大きくなります。

2歳はまだ間に合う年齢ですし、支払う保険料に見合う補償が受けられる可能性があるので、諦めずに検討を始めることが重要です。

親の年齢も契約条件に盛り込まれていますから、いずれにしても早い方が有利で、迷っている時間はないということです。

3歳からでは明らかに決断が遅過ぎなので、子供が2歳の内に決めておきたいところです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*