未分類

学資保険とつみたてNISAはどっちがいい?FPが分かりやすく解説!

現在、小さいお子様をお持ちで、お子様の将来にかかる金額を真剣にお考えの方は、どうやってお金を貯めるかお悩みかもしれません。

お子様一人を育てるのにかかる総額は2000万円とも5000万円とも言われます。

また進学はもちろん、塾や習い事、留学など、お金がかかるタイミングは多岐にわたります。

また自分やお子様が事故にあったり病気にかかるなど、不測の事態まで想定すると、なるべくお金に関する不安は払しょくしたいと思います。

一番簡単な方法は定期預金ですが、現在預金の利息は非常に低く抑えられており、タンス預金とほとんどかわらない貯蓄となってしまします。

定期預金は現在オススメできません。

ここではお子様の将来に備える方法を二つ紹介します。

一つ目は学資保険です。

学資保険とは、掛け金を定期的に払うことで、お子さんが将来入学や進学したときに、まとまったお金を受け取れるパッケージです。

保険会社が提供しており、親や子供の病気や怪我にも備えるオプションがついていることもあります。

さまざまな種類があり、掛け金や返戻率も違います。

メリットとしては保険なので保障が手厚くなり、安心度が上がること。

税制上のメリットを受けられること。

またお金を浪費する癖がある人にとっては堅実に貯金できること、があります。

もう一つはつみたてnisaです。

つみたてnisaは2018年からスタートした制度で、毎年40万円までの投資の分配金や譲渡益が非課税となる制度です。

こちらは最長20年間非課税が適用されるので、お子様が大学に入学するまでつみたてることができます。

引き出しはいつでも可能です。

メリットとしては投資なので、資産が増える可能性が高いこと。

いつでも引き出せること。

自分で投資対象を選び、分配金や優待をもらうことができる、があります。

どちらを選ぶかは好みです。

自分の浪費癖にかかわらずお金をためたい、投資は難しくて敬遠している、保障の説明を受けたい等の要望がある方は、学資保険をオススメします。

保険会社は自分の商品を売りたいので、積極的に説明をしてくれるはずです。

しかしながら、保険会社が利益を上げるために支払った金額より受け取る金額のほうが少なくなる場合が多いです。

個人で調べる労力があまりない代わりに、手数料が取られる感じですね。

また保険商品なので、他の商品を追加で勧められる可能性も高いです。

自分で調べたい、資産運用にも興味がある方は、つみたてnisaがオススメです。

投資というと資産が目減りする可能性が高いと思われるかもしれませんが、統計的に資産が増える「確率」を高くすることが可能です。

たとえば、世界経済は毎年成長しています。

もちろんリーマンショック等の経済危機があれば一時的には下がりますが、10年以上の長いスパンで見た場合、経済危機前よりも回復している可能性が高いです。

その場合、世界経済に連動する投資を行えば、高い確率で資産を増やすことができます。

また株を買えば株主優待を受けられることも多いです。

自分の良く利用するサービスを、株主優待で少し贅沢したりといった機会が生まれます。

しかしながら、やはり投資なので経済に左右され、資産が減る可能性も大いにあります。

こちらはリターンがある代わりにリスクもあり、自己責任で進めることになります。

さて、つみたてnisaを御存知の方は一般nisaも御存知かも知れません。

一般nisaはより投資の特色の強い制度で、非課税期間は5年、ロールオーバーして最長10年です。

こちらは年間の上限が120万円なので、上限が40万円のつみたてnisaよりも多くの金額を投資することができます。

つみたてnisaと一般nisaはどちらか一つしか選べないので、投資への興味が強い方は良く考えて決める必要がありますね。

一応切り替えは可能となっています。

またどのような方法を取るにせよ、保険会社や金融機関を選ぶことが大切です。

各社とも自社に顧客を呼び込むために大規模な広告やマーケティングを行っています。

一消費者としてはそれらに惑わされないことが大切です。

特に長い期間に渡り金額も大きい契約をする場合、一時的なキャンペーンの効果は小さくなることが多いです。

それよりも各社が提供するサービスや契約内容をよく調べ、自分にあったプランを選びましょう。

またいざ契約となった場合でも、追加で不要なオプションがないか確認する必要があります。

そのためにはその場で決断しないで、一度期間をおいてよく考えることも必要かもしれません。

相談できる親類や友人がいれば頼ることもできます。

他にも児童手当や扶養手当など、補助には調べてからメリットを最大限受けられるものが多いです。

もし子供にかかる費用がどうしても足りない場合は、奨学金をもらうことができます。

奨学金はほとんどの場合はお子様が就職後に返さなければならないので、将来的な負担となる可能性が高いです。

このような方法をとることなく、早いうちからお金の準備をしていきたいですね。

貯金代わりに学資保険は向いている?FPが分かりやすく解説!

子供が産まれたら当たり前のように学資保険に加入する人も増えてきました。

普通に貯金をしていっても現在はほとんど金利がつきませんので、利回りの良い学資保険を貯金代わりにしようという人も増えています。

確かに利回りは良いのですが、学資保険は貯金と保険がセットになっている商品ですので、契約する保険会社によっては元本割れをする可能性もゼロではありません。

返戻率が100%以上の商品を選ばないことには貯金代わりにする意味はありません。

これも0歳から18歳まで積み立てたとすると、年利に計算し直すとそれ程高い利回りでもないことが分かります。

リスクもあることを考えると、安易に貯金代わりにオススメできるわけではないのです。

また一番重要なポイントなのですが、あくまでも学資のために貯めるのなら問題はないのですが困った時のためにと思っているのなら、貯金代わりに契約するのは不向きです。

もし積み立てている途中でお金が必要になった場合、解約するタイミングによっては元本割れしてしまうからです。

貯金なら金利はほとんどつきませんが、解約しても元本以下になるということもありません。

どうしてもお金が必要という場合には、契約者貸付制度で一時的にお金を引き出すことができます。

ただこの場合、借りたお金は返す必要がありますし利子の支払も発生してしまいます。

自分で積み立てたお金なのに利子を支払うということに違和感を感じる人もいるでしょう。

早く返済しないと積み立てている意味もなくなってしまいますので、本当に一時的に利用するだけに限ったほうが良いです。

学資保険は生まれてすぐに契約するのが一般的なので、その時点では支払える額を契約していても先で状況が変わってしまい支払えなくなるということもあります。

金額が高すぎて支払うことが出来なくなった場合には、一部解約をして毎月の支払額を減らすという手段もあります。

減額をすれば契約を残したまま、積み立ててきたお金の一部を返戻金として受け取ることも可能なのです。

ただし積み立て額が元々少ない時や、保険会社によっては対応できないような場合もあります。

またどうしても保険料が負担で払えないと感じる時には、そこまでに積み立てた分だけで払い済み保険にしてもらうことも可能です。

こうすればそのままお金を貯金代わりに残しておいて、支払の負担をなくすことができるのです。

このような対処が出来るかどうかは保険会社ごとにルールが異なりますので、契約前に「もし支払えなくなった場合には、どんな選択肢があるのか」を聞いてみることです。

ただどうしても今すぐにお金が必要になってしまい、ここまで積み立ててきたお金全てが必要になったなら、契約書などに書かれている返戻率をチェックしてみてください。

契約から10年目あたりまでは返戻率は100%を下回るのが通常です。

10年以下の場合には、積み立てた年数に応じて支払った額の7割から9割程度が戻ってきます。

つまりもし解約するとしても10年経っていれば、損をする可能性も低いのです。

どちらが得なのかを比較して、選択をしなくてはいけません。

貯金代わりにするつもりなら、掛け金は積み立てられるぎりぎりの上限よりは、絶対に支払える自信がある最低限の額を設定しておけば問題がありません。

もし余裕が出来たならその時に別の契約をしたり、積み立てをして不足分をカバーするということもできるからです。

例えば子ども手当てを支払いのあてにしているなどの場合、中学以降も支払えるかどうか、もし子ども手当てが廃止になっても大丈夫かどうかも考えておく必要があります。

子供が成長する過程でまとまったお金が掛かる時期というのは、次の学校に進学するタイミングです。

その時までに貯めておくことができればわざわざ学資保険に加入する必要もないということです。

ただ誰しも予定通りにはいきませんし、思っていたよりもお金が貯まらなかったという結果になるかも知れません。

公立学校と私立学校など選ぶ進路によっても、かかる教育費は随分違ってきます。

予定通りにいかないことも、予定に入れておくことが大切です。

今まで貯金が続かなかった、子供のための教育費だけはどうしても残しておきたいという人の場合、学資保険は有効な方法なのです。

積み立てたお金は大学入学など必要になるタイミングに合わせて満期を設定できますので、毎月はただひたすら保険の掛け金を支払うだけで良いのです。

大学入学を満期にして、中学や高校入学時に一時金を受け取れるタイプの保険契約もあります。

色んなシミュレーションをして、どんな形の保険が最適かを選んでみてください。

毎月決まった額を積み立てようと思っていても、「今月は生活がきついから来月にしよう」など甘い考えになってしまう時もあります。

ですが保険料なら固定費として毎月支払う必要があります。

金銭管理がしっかりしている人よりも、つい甘い考えが出てうまく貯められない人ほど効果的なのです。

全労済の学資保険の返戻率についてFPが教えます!

全労済では学資保険の取り扱いもありますが、この返戻率はどれくらいになっているのでしょうか。

コースによっても変わってくるのですが、最も一般的と思われる大学入学準備コースの満期金100万円型で見てみますと、子供が0歳の時に加入し、18歳時点が満了となる場合で、月々の掛金は4360円となっています。

掛金合計はいくらになるか計算してみますと、一年間の掛金は4360円を12倍して52320円、18年間全体の掛金はさらにそれを18倍して941760円となります。

941760円の掛金で100万円が受け取れるのですから、100万を941760で割って、約106.2%となります。

これが全労済の学資保険の返戻率です。

この数字は他の保険と比べても決して低い数字ではありません。

そもそも全労済というのは全国労働者共済生活協同組合連合会の略であり、要するに労働者の助け合いのための組織です。

いわゆる営利企業とは一線を画した存在ですから、それだけ利用者に還元できる部分も大きくなるのです。

ただ、たまに誤解があるのですが、このような協同組合というのは決してボランティアでやっているわけではありません。

協同組合で働いている人もいるわけですが、その人たちは全てボランティアであり、手弁当でやってくれているかというとそんなことはありません。

毎月の給料も支払われていますし、一般の会社でいうところのボーナスも支給されています。

そのようなお金はどこから出てくるのかというと当然ながら協同組合としての活動の中から出てくるわけであり、営利を目的としないというのは共同組合の活動でお金を得ることを目的としないという意味ではありません。

お金を得ることができなければそこで働く人に給料を出すこともできないからです。

では一般の会社、例えば株式会社と何が異なるのかと言えば、株式会社が会社の活動で得たお金については、もちろん社員の給料やボーナスにもなりますが、株主に対して還元することが期待されています。

いわゆる株主配当です。

これがあるかないかの違いと言ってもよいでしょう。

協同組合では株式会社のように株主に対して配当金を支払う必要がないために、それだけ保険の契約者に対して多くのお金を還元することができるということになります。

言ってみればそれだけお得なわけです。

返戻率の高さにもそれは現れていますが、決してそれだけではありません。

一般の保険会社の商品では特約として追加することになり、それだけ掛金が高くなってしまうようなものが最初から組み込まれています。

例えば事故や病気で入院したときや事故で通院したとき、死亡したときや障害が残ったときには保険金が支払われます。

また、いわゆる損害賠償責任を負ってしまったようなときにも保険金の給付がありますし、契約者である親が死亡したり重い障害を負ったような場合にも保険金が支払われます。

このように、子供の成長途中に起こるかもしれない様々なリスクに幅広く備えることができるようになっているのです。

一般の保険会社の商品では、これだけの幅広い特約を付けるともはや返戻率は100%を割り込むことも珍しくありませんが、全労済の場合はこれだけの特約事項が付けられていてなおかつ高い数字を維持しているわけです。

営利を目的とする会社かそうでない協同組合かによってここまでの大きな差が生じてしまうということでしょう。

ただしもちろん万能ではありません。

どちらかというと基礎的な部分をカバーする保険という意味合いが強いですから、満期金の金額についても100万円が最高であり、例えば掛金を2倍払うから保障の内容や満期時の受け取り金を2倍にして欲しいというようなことはできません。

満期時の受け取り金は100万円か、あるいはその半額の50万円とするかのどちらかです。

50万円コースの月々の掛金は100万円コースのちょうど半分であり、受け取り金が半額の場合には掛金が割高になってしまうというようなことはありません。

なお、学資保険の本来の意味からは外れてしまいますが、満期時の受け取り金は要らないから、入院や死亡、障害などだけに備えたいという保険も用意されています。

上の例で言うところの特約的な事項のみとし、満期時の受け取り金のないコースであれば月額900円から加入できます。

この場合はいわゆる掛け捨てに近い保険となりますが、協同組合n決算時において余剰金が生じた場合は払い戻しが行われることもあり、実績としてはだいたい1割以上の金額が払い戻されています。

ですから、年間に1万円程度の金額で幅広い保障が受けられるということにもなります。

注意点として、全労済の学資保険は、契約者死亡時に保険金の支払いはありますが、それ以降の掛金免除という特約はありません。

一般の保険会社の商品ではこの特約が付けられていることが多いですから、その差には注意しておきましょう。

学資保険は母子家庭でも検討してみる価値はある?シングルマザーと学資保険

結婚をして子供ができ、幸せな家庭を築くというのは理想的です。

ですが、いざ結婚をしてみると夫とうまくいかず、子供ができてから最終的には離婚して母子家庭となった方もいるでしょう。

夫婦できちんとした生活をして共働きなら生活などもある程度安定させることができ、子供が育って学校に通うようになっても学費などもきちんと出せるはずだったはずが、離婚してしまうことで生活への不安や子供に対してかかる養育費や学費的な問題に悩まされる母親も少なくありません。

ですが、悩み続けるよりも現状から少しでも生活が楽になるように行動してみることや先々の子供の学費などで悩むことがないように、対策をしていくことが大切です。

子供の学費に関しては、学資保険に加入してみるというのも一つの選択肢です。

教育資金を確保するために保険料を支払い、祝い金や満期額資金など受け取ることが可能になるものです。

学資保険のメリットはいくつかありますが、貯蓄が苦手という方には向いている商品でもあります。

特に母子家庭となると、金銭のやりくりがかなりうまくないと、生活がかなり苦しい状況が続いてしまう可能性もあります。

また、母親本人、もしくは子供が病気になってしまうことや交通事故で入院などしてしまう可能性などもゼロではありません。

このように、生活をすることはできても予定外のトラブルなどにおいて出費がかさんでしまうと、毎月、きちんと貯蓄をしたいと思っても満足にできない状況となり、子供の学費など先々を考えて貯めておきたいという気持ちはあっても難しいのも実情です。

そのため、金銭面でのやりくりがうまい方や目的意識の強い方などでないとなかなか貯蓄を予定通り続けるというのは難しい点から、学資保険など強制的に保険料として支払うことで子供のための学費の確保をしていくことができる点はメリットといえます。

もう一つの大きなメリットとしては、契約をする本人が死亡した場合に給付金が受け取れる点です。

母子家庭の場合には、母親が働き家庭を支える必要があります。

ですが、仕事や生活においてもかなりのプレッシャーのなか過ごすことでもあるため、時には疲労やストレスを抱え込んでしまい、体調不良や重い病気にかかってしまうパターンもありえます。

最悪の場合には、考えたくありませんが、死亡してしまう可能性もあるためこのような状況で子供が残されてしまうと、子供だけで生活をしていくことになります。

この状況でお金などもなく、頼れる母親がいない状況ではまともな生活をするというのはかなり厳しいといえます。

このような状況に関しても保険というのは頼りになります。

学資保険では、契約した親本人が死亡した場合に、保険料の支払いが免除される点や祝い金や満期保険金がきちんと受け取れるため、子供にとって人生においてはかなりの分岐点になることもありますが、学費に関してのある程度の金銭的なカバーがされる点から、もしもの時の保険という意味で加入しておくと残された子供のためにもなります。

ただし、保険はメリットだけではありません。

デメリットも存在します。

中途解約をするとその中途解約した年数などにもよりますが、元本割れしてしまうケースもあり、保険会社も倒産リスクがある点などもデメリットといえるでしょう。

定期的に保険料を払い続けることができれば問題ありませんが、生活の状況や仕事、収入などによっては保険料の支払いがかなりの負担となってしまう可能性があります。

そのため、中途解約しなければならない状況に追い込まれてしまうケースも存在するため、かえって損をしてしまうリスクも秘めています。

また、保険会社が倒産すれば、ある程度の保証はされますが、給付金の額などがかなり減額されてしまう可能性もあります。

このような点からも、メリットだけでなくデメリットもしっかりと把握しておくことは大切です。

もしものための保険であることは確かですが、先々の生活や自分、そして子供にとってどのような選択をすることが最もいい選択なのかを今一度考えてみることが必要です。

母子家庭で自分の意志で貯蓄をして先々何があっても持ちこたえることができるのかどうか、子供がどのような進路をとるのかなど色々な点を想像して判断することが大切だといえるでしょう。

学資保険以外にもさまざまな貯蓄の仕方もあります。

また、学資保険であっても保障をいくつかつけるという選択肢もあり、貯蓄型や保証型など保険には特徴もある点からいろいろな保険をチェックして特徴をつかみ、どの商品が一番適した商品なのかを判断してみるというのも一つの方法です。

母子家庭として生活するのは、いろいろな苦労や悩みを抱えてしまうケースもありますが、よりよい生活、生活の安定などのためにどのような選択をしたらいいのか、一度時間をかけてゆっくり考えてみること、ネット上などで情報を集めてみることで検討してみましょう。

誕生日直前の学資保険加入にはこんなリスクが!FPが分かりやすく解説!

子供が生まれたら、親ならば誰もができるだけ良い教育の環境を与えたいと思うのは当然のことだと言えます。

しかし、50パ-セント以上の高校生が大学に進学する時代にあって、大学進学のための費用はひと昔前に比べて驚く程値上がりしています。

そんな状況にあっては、よっぽど経済的に余裕がない限り大学入学とそれに続く4年ないし6年間の学費を一括で支払うことは不可能です。

そこで多くの親が子供のために学資保険に加入することになります。

学資保険とはその名称が示しているように、子供の教育のための資金を確保する貯蓄型の保険です。

子供の学校教育の中で、1番お金が掛かるのが大学の時です。

ですから多くは18歳を満期としてコツコツと貯めて行くというシステムを採っています。

さて、学資保険に加入するにあたって検討するべき点は決して少なくはありませんが、折角加入するのなら出来るだけ有利な条件の下で契約したいというのが誰もが共通で認識することではないでしょうか。

そのためにはなるべく多くの情報収集が重要なカギとなります。

そしてそんな情報の中で、注目するべきことのひとつが「いつ保険に加入するか」ということです。

子供が一体何歳の時に加入すれば良いのかということですが、これは是非子供が0歳の間に加入することを強くおすすめします。

一般的に保険に加入する際に保険者の年齢というのは、保険金と深く関わる重要事項のひとつです。

年齢が上がれば上がるほど毎月支払う保険金も上がるということは誰もが知るところとなっています。

学資保険の場合も例外ではありません。

子供の年齢が1歳上だということは、保険金支払者である親の年齢が1歳上がるというように見なされます。

つまり、年齢が上がるに連れて親の死亡率も上がるということになるため、0歳時加入と1歳時加入では支払う保険金に差が生まれてしまうということを覚えておいてください。

また、保険を契約する際には必ず子供の病気や怪我についての申告が必要となります。

1歳児は0歳児に比べて外に出る機会も多く、それだけ病気や怪我を負うリスクが高くなるため、審査は子供が0歳である方が通り安くなると言われています。

しかし、だからと言って何も考えずに急いで保険に加入しなければと焦ってはいけません。

何故ならば学資保険は誕生日直前に契約してしまうと、思わぬ落とし穴にはまってしまうというリスクがあるからです。

これは一体どういうことなのでしょう。

子供が1歳の誕生日を迎える直前に申し込みをしたのだから滑り込みセーフだと安心はできません。

あくまでも、申込ではな「契約」を誕生日までに終えるということが重要なポイントとなるからです。

ここで忘れてはいけないのが、申し込みから契約成立までの間には多少なりとも時間が掛かるということです。

そして保険料が決定されるのも契約成立が確認できてからのこととなります。

ですから、誕生日の直前に申し込みをしたという場合、契約成立までに誕生日を迎えてしまっては保険料が上がってしまうということが起こってしまいます。

支払う保険金の額が上がるだけではありません。

満期になった際の返戻金も数万円単位で変わってきてしまうので、たった数日の契約の遅れが後々まで影響を与えるということをしっかりと覚えておくようにしてください。

申し込みから契約を終えるまでには、審査が行われますが通常健康上に何も問題がなければ、大体2週間程度見ておけば良いでしょう。

しかし、告知内容に不備があったり保険加入者が多いと言われている1月から3月の間は、審査に時間がかかることがあります。

また、人気の商品に加入する場合でも時間が掛かるということを想定しておいてください。

子供が生まれるというのは、その家庭にとっては一大事だと言えます。

特に第一子ともなると妊娠や出産、それに続く育児と慣れないことのオンパレ-ドであっという間に時間が経ってしまい、気がついたら子供が1歳を迎えようとしていたなどということもあり得ないことではないはずです。

直前になって慌てないためにも、こういった時間差問題を解決する方法がふたつあるということを頭に入れておきましょう。

ひとつは、妊娠中の間に加入してしまうということです。

大体の出産日はわかっているはずなので、加入が可能となる出産日から140日前を切ったら速やかに入ってしまうという解決法があります。

この方法の大きなメリットは、子供はまだお腹の中なので、育児に追われることもなく商品選びや保険会社の比較検討をじっくり行うことができるという点です。

そしてもうひとつは、子供が1歳の誕生日を迎える3カ月前までに必ず加入するという方法です。

誕生日を迎える直前ではなく、3カ月ほど余裕を持っていれば、予想しない不備が起こって契約までに時間がかかったとしても1歳までには契約を終えることできるでしょう。

どちらを選ぶかは人それぞれですが、子供にとって一番良い結果になるように検討することが大切であることには代わりありません。

学資保険にいくらまでかけられるのかFPが教えます!

学資保険は子供の人生の選択肢を狭めることがないように親として出来ることをしてあげたいという気持ちがあれば是非検討をしたい保険になります。

学資保険は子供が生まれれば加入することが出来ますので、最も教育費用がかかる大学入学までの18年間という長い期間を味方にして毎月積み立てて将来に備えることが出来ます。

子供にどのような未来を歩んで欲しいと考えるかはそれぞれのご家庭で変わってきますが、私立でないから我が家は対策が不要だと考えているご家庭は大学まで国公立の学校に通ったとしても1000万円近い費用がかかるとされていることを知っておいた方が良いでしょう。

もちろん総額になりますので、1度に1000万円が必要になる訳ではありません。

しかし、節目節目で必要になってくる学費であり、国公立の大学に入学するために塾に通ったり、浪人をする費用は含まれません。

もし遠方の大学に通うとなると当然下宿することになります。

大学生の間は生活費を自分のアルバイトで働いたお金で全額賄うことは難しいので、当然仕送りも必要になります。

仕送りがいくら必要になるかについても東京の大学に進学するのか、地方の大学に進学をするのかによって変わってきます。

東京で一人暮らしをさせるのであれば、アパートやマンションの賃料も地方に比べると高くなる上に、物価も地方よりは高いので生活費も高額になります。

将来的に東京の大学に進学させ、且つ下宿させるという予定であれば、当然いくらかかるのか前もって資産をしておくようにしましょう。

国公立以外にも私立も視野に入れてくるとなると、当然かかる学費もより高くなります。

生まれたばかり、またはまだ小学校にも入っていない段階で大学入学という遠い未来を見通すことは難しいと感じる方もいるかもしれませんが、子育て世代にとって時間を味方につけなければまとまったお金を用意することが難しいこともまた事実です。

子育てをしている間は何かと物入りになったり、一緒に過ごすことが出来る貴重な時間の間に旅行に行きたいということもあるでしょう。

住宅を購入すれば住宅ローンの支払いも発生しますので、毎月少しずつ備えていなければいざという時に間に合わないということもあり得ます。

あの時にこうしていればと後悔をするよりは、先んじて対策を講じておく方が安心です。

子供の学費にいくら支出出来るのかについては家庭の教育方針によって異なりますが、子供の人生の選択肢は広い方が良いことに違いはありません。

毎月いくら積み立てられるかは収入状況か子供の人数によっても変わりますが、1人が大学に進学する度に入学年度に200万円は用意しておくことが推奨されます。

200万円という金額は18年間貯めることを考えれば月々1万円弱ほどになります。

良い利回りの学資保険を選べば毎月の掛け金は更に抑えることが出来ます。

子供が2人いる場合でも月々2万円です。

この程度の金額であれば毎月支払っていくことが出来ると感じるのではないでしょうか。

学資保険のデメリットは中途解約をしてしまうと元本割れが発生する商品があることです。

せっかく積み立てていたのに、家計環境が変わって毎月の支払が難しくなってしまい、解約を選択する結果になってしまうとせっかく積み立てた掛け金が元本を割るというリスクがあることを知っておくようにしましょう。

毎月の支払っていく金額に無理があるようであれば掛け金の金額を見直す必要があります。

毎月の掛け金に余裕があれば、多少の家計の支出が増えたとしても学資保険を解約するまで追い込まれる可能性も低くなります。

また、余裕がある分は保険ではなく貯蓄として蓄えておくことも重要です。

子供の教育費用の捻出に手いっぱいになってしまうと自分たちの老後資金が全く貯められていなかったということもあります。

今の時代年金は減額されていく傾向にありますので、賢く子供たちの教育費用も貯めつつ、自分の老後資金も確保しておきたいところです。

また、長い人生の間に子供たちが病気をしたり、ケガをしたりすることもあります。

全く預貯金がないという状態では不測の事態に備えることが出来ません。

もちろん転職や自分が病気になってしまうリスクもゼロではありませんので、安心するためにも余裕資金は使わずに貯金をすることをお勧めします。

学資保険の多くは大学入学時にまとめてお金が手に入る設定になっています。

もしかすると国公立に進学し、預貯金で賄うことが出来たり、人生の選択において大学に進学をしないという場合もあり得ます。

しかし、そのような場合であってもまとまったお金は将来的に結婚の資金にしたり、一人暮らしをする際の原資にあてることも可能になります。

もちろん子供たちが進学先に困ることがないように貯めるべき保険ではありますが、将来的に違う用途に使うことが出来ると思うと、より未来に対して楽観的になれるでしょう。

学資保険には元本割れがある?できるだけ返戻率を高くする方法

学資保険は子供の進学などに備え、資金を準備するといった目的から加入する人も多い子どものための保険です。

しかし、そのような保険は元本割れする場合もある商品といわれ、せっかく子供の将来に備えて積み立てを行っているにもかかわらず、お金が増えるどころか減ってしまうということになってしまうケースもあるのです。

つまり、学資保険の元本割れは、保険会社に支払った金額よりも受け取る金額のほうが少ないという状態になることです。

しかし、子どもの将来の学費のための積立をしているのにどうしてお金が減ってしまうのでしょうか。

この点については、この保険は元本が割れてしまうような商品が多くなってきているといわれています。

その理由にはいくつかあるといわれていますが、大きな理由として挙げられるのが低金利の影響といわれています。

1990年代くらいにはバブルで利率が高くなっていました。

その頃は今と違って予定利率が5%から6%くらいで運用されていたのです。

そして、その運用が計画通りで、利率も高かったため、十分な返戻菌を得ることができていたのです。

しかし、その後、バブルの崩壊で低金利政策やマイナス金利政策などの製作が続けられています。

そのため、予定利率も下がっており、そのことで元本が割れてしまうリスクが高くなってきた理由といえます。

また、この保険には様々な魅力的な保障が付いています。

そのような保障を付けることが元本が割れになる理由ともいわれているのです。

この保険にはお子さんが怪我や病気をした際に受け取れる給付金を付けることができるというオプションなどが付けられています。

また、育英年金などもうけとれるようにすることもでき、そうした積立以外の保障付の保険を選んだ場合に元本割れのリスクが高くなってしまいます。

オプションとして選べる保障を選ぶことで、満期の際に受け取れるお金が減ってしまうということなのです。

そのため、学資保険で元本が割れないものを選びたいという場合にはシンプルな商品を選ぶということがポイントになります。

お子さんが大学などに進学する際に準備する教育目的のお金だからこそ、できるだけ元本が割れない商品を選ぶようにするということは重要といえます。

シンプルな学資保険は元本が割れずに元本が増えるタイプの商品といえます。

医療保険特約や育英年金などの特約が付けられていないものは元本が増えるタイプの保険なのです。

ではなぜ特約が付いていると、将来受け取る返戻金が少なくなってしまうのでしょうか。

この点については、特約が付いているとそのぶん保険料が発生しているため、将来受け取れるお金が減るということなのです。

戻ってくるお金を増やしたいという場合、いくつか方法がありますが、その一つとして特約が付いてない保険を選ぶという方法があります。

学資保険では元本が割れない商品を見分けるようにしましょう。

というのは、学資保険で重要なポイントとなるのは、保険料をどれだけ払い、いくら戻ってくるかということなのです。

返戻率が100%なら支払ったお金と戻ってくるお金が同じということになります。

100%を下回っていると元本が割れるということです。

そして、100%を超えると戻ってくるお金が多いということになります。

そのため、できウだけこの率が大きなものがおすすめということになります。

その他にもこの保険の返戻率を上げる方法があります。

同じ内容のものでも契約の仕方によって戻るお金を高くするということができるのです。

その方法として挙げられるのが短期払をすることで戻ってくるお金を増やすということです。

保険料はできるだけ短期間で支払う方が保険料総額が少なくなって、その結果、相対的に戻るお金が多くなります。

6他例えば、ある保険商品の保険料の払込期間を子どもが15歳まで支払うという場合と10歳までに支払うという場合で比較してみると、給付金受取総金額が300万円の場合には、子どもが10歳までとした方が少なくて済むのです。

そのため、できるだけ短期間で支払った方が戻ってくるお金も相対的に多くなります。

こうすると、現在の定期預金の金利が0.1%くらいなのに対し、この保険の場合、利率が大体1.5%になっていたりします。

そのため、より短期間で支払うという支払い方を選択することで戻ってくるお金が増えるのです。

さらに、保険料は一括で支払うと戻ってくるお金が多くなるのです。

その理由は一括払いには前納割引率が適用されるからです。

その割引が受けられた分保険料が安くなるので毎月支払うよりも支払保険料総額が少なくなって、受け取れるお金が相対的に増えます。

つまり、短期間で一括で支払うことで受け取れる保険料はより大きいものになるということになります。

しかし、なかなか短期の一括払いはそう簡単ではないという場合もあります。

しかし、無理のないようにまとめて支払っていくことで、返戻率をアップさせましょう。

学資保険を滞納するとどうなる?現役FPが分かりやすく解説!

学資保険では基本的に毎月保険料を払い込む必要があります。

そのようにして毎月コツコツと払い込んでこそ、満期時には給付金が受け取れるのです。

ですが、何らかの理由により払い込みが困難となり、滞納してしまうこともあるかもしれません。

もしそのようなことになった場合、保険はどのようになってしまうのでしょうか。

もちろんこんなことは起こさないことが第一ですが、一度でも期日までに払い込みができないと即座に大きな問題になってしまうかというとそんなことはありません。

保険会社や保険商品、契約内容によっても多少は異なるかもしれませんが、ある月の保険料の払い込みができなかったからといって即座に保険が無効になってしまうなどということはないようになっています。

普通、ある月の保険料が払い込まれなかった場合、翌月の払込時に前月分のものとまとめて二か月分を払い込むことになります。

この際に特にペナルティ的なものは発生しません。

そして、もし翌月にも払い込まれなかった場合は翌々月にまとめて三か月分を払い込むことになります。

ここまで、特にペナルティは発生しないようになっています。

つまり、三か月分までであればまとめて払い込むことも可能だということです。

しかしそれ以上は待ってはくれません。

もし翌々月にも払い込むことができなかった場合は保険の効力はなくなります。

いわゆる失効です。

失効させてしまうと保険の効力はなくなってしまうのですから給付金も受け取れませんし、契約者が死亡した場合にそれ以降の保険料の払い込みが免除されるという特約についても当然ながら適用されなくなってしまいます。

何のためにそれまで保険金を払い込んでいたのか分からなくなってしまいますから、最悪の場合でも失効だけはさせてしまうことがないようにしなければなりません。

ただ、救済措置として、失効させてしまってからでも1年以内であれば契約を復活させることができるようになっています。

もちろん復活させようとする際にはそれまで滞納していた保険料を全額まとめて払い込むことが条件となります。

もし1年を経過してしまった際にはもはやどうしようもありません。

無かったものというか、初めから保険に入っていないのと同じことになってしまいます。

このように学資保険の滞納は起こすべきでないのですが、そんなことを言っても長い年月の間には家計が苦しくなってしまうこともあるでしょう。

もし家計が苦しく、払い込むための保険料の捻出に苦労するようになった場合にはどのような方法が考えられるのでしょうか。

家計を見直すことで保険料が捻出できればそれに越したことはないのですが、そういう方策は既に尽くしたという場合、お金を借りるという方法はあります。

お金を借りるというと、消費者金融や銀行でのカードローンを思い浮かべる人が多いかもしれません。

確かにそれも一つの方法ではありますが、金利面を考えると決して得策とは言えないでしょう。

消費者金融や銀行のカードローンは金利が15%程度はあり、預金利息などと比較すると極めて高いものになっているからです。

そのような金融機関から融資を受けるのではなく、学資保険の保険会社自身から融資を受けるという方法があるのです。

既に払い込んだ保険料を担保として融資を受けることができ、契約者貸付とか契約者融資などという名前で呼ばれています。

この融資の大きなメリットは、何といっても金利が低いことです。

おそらく、保険の返戻率よりも少し高い程度の金利で借りることができるはずですから、消費者金融や銀行のカードローンの金利とは比較にならないくらい低い数字のはずで、家計にとってはありがたいに違いありません。

また、契約者貸付の場合は保険料が担保となりますから、消費者金融や銀行で融資を受ける場合と異なって審査が無いというメリットもあります。

一方で、貸付を受けることのできる金額は既に払い込んだ保険料の7割から8割程度が上限とされていることが普通で、保険に加入してから日が浅く、まだ十分な金額の保険料を払い込んでいない場合にはまとまった貸し付けを受けることは難しいかもしれませんが、少なくとも消費者金融や銀行に出向くよりも前にまずは検討してみるべきではあるでしょう。

そして、もしも貸し付けを受けることを検討してもなお将来のことを考えると保険料を今後も払い込んでいくのが難しいということになれば、これはもはや止むを得ません。

保険料を滞納して最終的に失効させてしまうよりは、先に自主的に解約してしまい、解約金を受け取るほうが賢いということになるでしょう。

解約金はそれまでに払い込んだ保険料の合計よりも高い金額が受け取れるとは限りません。

解約による手数料などが差し引かれることになりますので、払い込んだ保険料の合計を割り込んでしまうことも十分に考えられます。

それでも、何もせずに滞納を続け、結果的に失効させてしまうよりはよほどましなはずです。

学資保険は全期前納をして返戻率を高め方についてFPが教えます!

子供が生まれて、子供の将来の為にと始める学資保険ですが、貯金ではなく保険として積み立てるのを勧めるのはなぜか。

それは、貯金は換金性が高いために貯めてるつもりが目標金額まで貯まっていなかったという事もありますが、保険にすることで、満期金で目標金額が定まっており、それに向けて長い期間一定金額を積み立てていくことができて貯金と違い換金性が低い。

そして何より、契約者である親が突然の事故や重度の障害を持つようなことがあって保険料の支払いが難しくなった時にはそれ以降の保険料の支払いが免除されますが、満期の金額は変わらず受け取れます。

そして、進学時期に用意できる金額があらかじめわかっているので、進学時期が近くなった時には満期金以外にどれくらいお金を用意したらいいかなどの見通しも立てやすいのです。

世の中には数えきれないほどの保険会社がありますが、保険会社によって学資保険の内容は随分と違います。

節目の進学時期にお祝い金がもらえるものや、保険料の払込総額より満期金が多いと返戻率の高さを売りにしている会社もあります。

でも、払った総額より戻ってくる方がいいと言っても、お付き合いなどで返戻率の高い保険会社を選ぶことが出来ないこともあります。

それなら保険料のかけ方を考えて満期で受け取る金額は同じでも、払い込み総額を少なくし返戻率が上がるようにしようという事で、知っているようで知らないお得な保険料のかけ方をご紹介します。

保険というと、月々いくら掛けて補償内容は死亡保障や医療保障がついているかなどいろいろ考えますが、保険料のかけ方については、保険会社の担当の言うまま月掛けにしている方が多いと思います。

保険料なんて、まとめて支払ってもそんなに変わらないと思っていると、びっくりするかもしれませんよ。

今は、超低金利時代なのでお金を銀行に預けていても増えません。

一年間利率が0.001%の普通預金に100万円預けても10円しか利息は増えません。

まだここから税金が引かれます。

昔は、100万円を10年間定期預金に預けて置いたら200万円になったというおとぎ話のような嘘のような本当にあった話を、金利の高かったバブルの時代を知っている方たちが聞かせてくれますがその次に続く言葉は、今の金利は馬鹿らしくって預けていられないという愚痴です。

それでも、まとまったお金を家に置きっぱなしにするのも怖いし銀行にあずけておけば、お金は増えないけどつい使っちゃったり、強盗に入られて盗まれるよりかは安心というところでしょうか。

そこで、まとまったお金があるなら保険料として払うことも考えてみるのも一つの手です。

保険なんて、損するに決まっている。

払い込み金額より戻ってくる金額のほうが少ないと思われるかもしれませんが、
払い込み総額を少しでも少なくして得をしようという事なんです。

払い込み総額が少ないからと言って、保障が変わるわけでも満期金が少なくなるわけでもないんです。

保険料の掛け方としては、月々払い・半年払い・年払いなどがあります。

月々払いより半年払い、半年払いより年払いにした方が保険料の割引率が大きくなります。

一番大きな割引があるのは全期前納です。

全期前納という言葉は聞き慣れない言葉かもしれませんが、保険加入時に全期間の保険料を払い込んでしまう事を言います。

これによって、月々の保険料の支払いなしに保障を受けれて、月々保険料を払うのに比べて払い込み総額を少なくすることができます。

また、実際の保険料払い込み期間分の生命保険料控除を毎年受けれますし、もしも払い込み期間途中の時期に解約や被保険者が亡くなられるという事があった場合は、その時点以降の先に払い込まれている未経過分の保険料はそのまま戻ってくるという優れものなのです。

これだけ見ると、全期前納はメリットばっかりに見えますが、メリットがあればデメリットももちろんあります。

それは、かなりまとまった金額が必要だという事です。

分かりやすく言うと、インターネットので調べた2018年度の学資保険返戻率1位が109%だったので、契約者や子供の年齢などを考慮せず単純に返戻率109%だといくら位になるかというと200万円の学資保険に加入するためには約185万円ものお金が一時的に必要だという事になります。

185万円って、大きな金額です。

もし、この185万円は使う予定のないお金だったらどうしますか。

貯金にして利率0.001%で預けると一年で18.5円の利息。

全期前納にして185万円が15万円も増えて200万円になって子供の進学にお金が必要な時期に手元にある。

どちらがお得か一目瞭然です。

特に、子供が生まれたときはお祝いなどでまとまったお金を用意しやすいのでよくわからないからとりあえず貯金にしておくというのではなく、学資保険に加入して賢く増やすという選択肢もあっていいのではないでしょうか。

学資保険を妻のパート代から支払う場合には契約者などの項目に注意

子どもをきちんと育てるためには、相応の教育環境が必要です。

現代では家庭で親が教えられる範囲が限られているので、中学校までの義務教育と高校から大学卒業までの学費を負担しなければいけません。

最終的な学歴と卒業した学校のランクによって応募できる求人が大きく変わるため、親ができるだけ良い学校に通わせるのが一般的です。

賢い学費の準備としては、子どもが生まれた時点で契約する学資保険が有効になっています。

保険の本来の目的である相互扶助による社会福祉の側面がかなり強く、子どもが他人に迷惑をかけたことでの賠償や病気などによる治療費にも保険金が給付される場合が多いです。

具体的な保障は契約内容によりますが、基本的に他の保険と比べてお得になっています。

進学による祝い金を受け取る等の手続きがあることから、妻の名義で契約するケースも見られます。

確かに職場で忙しく働く夫よりは手続きがしやすい立場ですが、それでは契約者の死亡による以後の保険料の免除が機能しない恐れがあります。

たとえば、妻のパート代で保険料の払込みを行うから契約者にしていた場合、夫が死亡しても学資保険として全く影響がありません。

契約者の死亡による救済措置が発動せず、保険料の免除と育英年金の支給の両方がないまま変わらずに進行します。

妻の収入で家計を支えているケースは別として、原則的に夫を契約者にしておくのが鉄則です。

家族が困らないように備えておく保険で根本的なミスがあったら大変だから、いざという時に機能する契約にしておきましょう。

学資保険の受取人についても万が一の事態を考慮しておくのがポイントで、いかなる状況でも困らない人物にしておく必要があります。

ただし、現在の税制では契約者と受取人を同一人物にしておくことで税金がかかりにくいため、できるだけ同じにすることを推奨している状況です。

通常の生活が続けば何も問題はありませんが、契約者の死亡時や離婚時には速やかに保険会社に連絡と手続きをして受取人を変更しましょう。

手続きは所定の書類を提出するだけで済むので、せっかく払込んだ保険料をムダにしないためにも忘れずに行っておくのが大切です。

契約者と受取人を同じ人物にすることを勧める主な理由は、祝い金や満期返戻金を受け取った時に一時所得として扱われるからです。

一時所得は臨時収入の扱いでかなり優遇されており、控除によって一定金額までは非課税になります。

ところが、受取人が妻などの別の親族であると贈与税に変わるので、高めの税率によって税金を徴収されます。

一時所得はあくまで臨時的な収入だから優しくする一方で、家族間で資産を移動させる行為については税金対策の意味合いが強いので厳しい取り立てです。

子どものための学資保険による収入であっても現在の税制に従って判断されるので、実際に祝い金などを受け取る前にしっかり準備しておきましょう。

妻がパートをして家計を支えるケースが増えており、学資保険の保険料の払込みに充てるパターンが多いです。

家計の節税としては妻のパート代が年間で扶養控除のラインを超えないことが重要で、課税所得としてゼロになるように働き方を調整するのが常識になっています。

妻の収入が控除で打ち消しきれずに課税所得として出てくると、扶養控除の対象外になって様々な支払いに影響してくるので要注意です。

夫の勤務先から給付されている各種手当にも関係してくるため、子どものために働き始めたらかえって家計の出費が増えたとならないように注意しなければいけません。

カスタマイズによって必要な保障をつけられる学資保険ですが、保障を手厚くするほどに保険料が高くなります。

子どもの生活を総合的にサポートしてくれるからといって過剰な内容にするのは考えものだから、まず家族に必要な保障について具体的に考えてみる段階から始めましょう。

頭だけで考えるのではなく、紙に書いてリストアップするのが効果的です。

子どもが大きくなっていくと進学による行動範囲の増加もあるので、いつどういった出費があって資金繰りが間に合うのかを時系列で把握するのがコツとなります。

毎月の保険料としては親が加入する生命保険なども考慮する必要があり、妻がどれぐらいパートをするべきなのかを判断するためにも数字による具体的なライフプランを作成しましょう。

保険の見直しを担当してくれる窓口には人生設計を含めてアドバイスをしてくれる有資格者のプロがいるので、夫婦だけでは結論が出ない場合やプロの意見を聞きたい場合に利用するのが賢明です。

家計における出費は常に一定ではなく、車の買い替えといった人生のイベントの前後で大きく変動します。

そのため、一時的に家計が厳しくなる時期を上手く乗り越えるための計画を立てて、無理なく支払いをしていくのが理想的です。

パートによる家計の補助でライフプランがどう変わるのかが分かれば、目的意識を持って必要な分だけ働けます。