Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

二人目の子供で考える学資保険の必要性をFPが分かりやすく解説!

学資保険といえば、子供が生まれた時に加入を検討する商品で、なるべく早く決めた方が良いとされています。

一人目の時は誰でも初めてなので悩むものですが、二人目となるとすんなり決められる可能性があります。

しかし、本当に必要なのかと悩んだり、加入するならどの商品が良いのかという、新たな悩みも発生しがちです。

ここで重要なのは、加入の目的を明確にして、一人目の時と相対的に比較しながら検討することです。

保険の目的は教育資金の準備ですが、学費を一定のペースで貯められたり、定めた金額を収入の中から資金に回せるメリットがあります。

支払いが難しくなった場合の免除も魅力的ですし、返戻率が100%以上であれば、満期時に払い込んだ金額よりも多く受け取れます。

このように利点が豊富なことから、一人目が生まれた時は前向きに検討して加入を決めるケースが多いです。

実際に学資保険で得られるプラスが多いと感じた人なら、二人目の加入を積極的に考えたくなるのも頷けます。

ただ、近年は予定利率の引き下げに伴って、期待できる返戻金が大きく下がってしまっています。

中には100%を割る保険商品もありますから、満期まで保険料を支払ったとしても、払い込んだ金額に対して受け取れる金額が小さくなる恐れが大きいです。

つまり、今から加入しても赤字になる懸念があるので、前向きに検討するならデメリットを踏まえ、利点の方が大きいと判断した場合に決めるのが良いでしょう。

既に一人目の契約が満期を迎えているのであれば、受け取れる保険金次第で、二人目の加入を検討することになります。

保険金に余裕があるなら、わざわざもう一度契約して保険料を支払う必要はありませんし、余ったお金を二人で分けることでお金の悩みが解決可能です。

保険金の使い道は自由ですし、全てを一人に使わなければいけないルールもないので、分けるという柔軟な考え方で対応できます。

逆に一人目の保険料支払いが継続中で、経済面で負担の増加に余裕がない時も、無理に学資保険に加入する必要はないといえます。

無理をしても金銭的な利点は小さいですし、倹約して支払いを続けるほど保険料に価値があるかと問われれば、そこまでする価値は見出せないと答えられます。

毎月の保険料が二人分になると、必然的に家計の余裕は損なわれますから、急に出費が発生する時に困ってしまうでしょう。

場合によっては中途解約が必要となりますし、解約してしまえば不利な条件で保険のメリットを手放す結果に結び付きます。

貯蓄を崩したり、消費者金融などでお金を用意する選択肢もありますが、そこまでしなければいけない位に、無理をして保険料を捻出するのは本末転倒です。

将来を考えて、現実的な範囲内の負担で今後に備えるのが保険の意味ですから、家計を逼迫するような二人目の加入は考え直すのが賢明です。

二人分の教育資金に備えるつもりが、無理な出費の増加によって解約する必要性に迫られれば、一人目の保険継続も危ういものになりかねないです。

学資保険は万能ではなく、時に負担が重くなるケースもありますから、二人目は一人目よりも慎重に考えることをおすすめします。

特に、複数の子供を加入させた場合に割引くプランを提供する保険は、良く考えを巡らせてから決断する必要があります。

一見お得だと思えても、月々の保険料が増加するのは変わりませんから、保険会社の人の言うことを鵜呑みにしないで、冷静に客観視する視点が求められます。

保険会社が損をするような形で、大幅な割引を提供することはまずないですから、平静さを保ってどの位お得になるのか計算するのが先決です。

数字は冷静に事実を教えてくれますから、学資保険の追加加入を検討する場面でも、計算して客観的に状況を把握することが重要です。

お得感が大きいと感じたら改めて前向きな加入の検討を、お得感がなく損をする恐れがあるなら止めることができます。

二人目の学資保険加入が決定事項の場合は、一人目と同じ保険に入れるのか、別の保険会社やプランを検討するのか決めることになるでしょう。

割引が用意されている商品なら、割引目当てで加入を決めるのもありですし、好条件を求めて他の商品と相対的に比較するのも良い方法です。

あるいは保険以外のやり方で教育資金を貯めたり、増やす挑戦を行ってみる手もあります。

選択肢は幅広く、保険に拘らなければいけない理由もありませんから、もっと広い視野で子供にとって本当に良い選択をすることが大切です。

収入の一部が強制的に教育資金に回せる、親が保険料を支払えなくなっても安心、銀行に預けるよりは利回りに期待できるといった利点はあります。

生命保険料控除が受けられるのもメリットですし、クレジットカードで支払うとポイントが貰える、という嬉しい魅力も提供されています。

一方の懸念事項は、元本割れの恐れや保険料による家計の負担増、そして途中解約で返ってくる返戻金の減少です。

これらを踏まえた上で検討に検討を重ねれば、子供に必要な将来的に役立つ選択肢が見えてくるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*