Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険を選ぶときに便利な一括見積をFPが教えます!

学資保険に加入する目的がなんなのか。

学資保険は将来の子供の進学のための教育資金を貯める事を目的とした保険商品です。

ただし、それだけではなく様々な特約を付ける事で子供の医療保障を確保するなど、保険に加入する目的に合わせて組み立てる事が出来ます。

子供にかかるお金として最も大きな割合を占めるのが教育資金だと言われます。

必要になる教育資金はどんな学校を選ぶか、どんな学部を希望するのか、公立なのか私立なのかという点や、大学ならば家から通うのか下宿が必要なのかによっても全く違ってきます。

しかもその他に幼いころから塾や習い事などをさせるには、やはりそれなりの費用が掛かってくることでしょう。

学資保険に加入するのは教育資金の家計への負担が大きくなる進学の時期に備えて、まとまった保険金を受け取れるように準備しておくことがその目的です。

でも、子供の怪我や病気なども内容によっては大きな負担が生まれるリスクもあります。

そんな時に少しでも金銭的な負担を減らすために医療保障を確保することもその目的の大きな部分を占めるという人もいます。

保険商品を選ぶときにチェックしたいポイント。

学資ほけんに加入する目的を確認できたら、数ある保険商品の中からどれを選ぶかを決めなければなりません。

その際に何を重視するかはその家庭によって違ってくるのですが、まず将来的にまとまった教育資金を準備することが最も大きな目的であるなら貯蓄性の高い商品を選ぶことは重要なポイントです。

基本的にこの保険は一定期間毎月保険料を負担して満期時に保険金を受け取るのが一般的です。

貯蓄性の高い商品を選びたいなら契約者が支払う保険料の総額に対して受け取る保険金の総額の割合、つまり返戻率の高い保険を選ぶことが大切になります。

次に保険の満期の時期と満期保険金の金額をいくらに設定するかという点です。

学資ほけんの特徴として満期時にまとまった保険金を受け取れる形が一般的ですが、そう考えれば最も教育費の負担の大きくなる大学進学前後に満期を設定するのが最も効果的です。

そして保険金の設定は200万円前後を目安にする人が多いと言われています。

満期金の設定額は家計の状況や兄弟の有無などその家庭の事情によっても変わってきます。

最後に保険料の払い込み期間、つまりいつまで保険料を払うかも大切です。

一般的には満期を迎えると同時に保険料の払い込みも終了するのですが、保険商品によっては払込期間を自分で設定できるものもあります。

資金にゆとりがあれば保険料を契約時に一括でおさめたり、保険期間は18年間でも10年払いや15年払いにするなど、希望に応じて払込期間を設定できる場合もあります。

払込期間が短くなる、つまり早い段階で払い終えるほど返戻率が高くなるのがメリットです。

保険契約を締結するにあたって注意したいポイント。

比較検討してどの保険商品にするかを決めた後、実際に契約するにあたって注意したいポイントがあります。

まず契約者ですが両親や祖父母などが契約者となるのが一般的です。

ただし基本的には学資ほけんの保険料というのは子供と契約者の年齢、さらに健康状態も算出に影響を与えるとされています。

そのため誰を契約者にするかは負担する保険料を抑えられる方が良いとも言えます。

でも、学資ほけんでは契約者に万一のことがあった際にはその後の保険料の負担が免除される特約を付けられることを考えれば、その世帯の主たる収入を担う人を契約者にするのが最適だといえます。

そして特約にどのようなものを付けるかですが、これは加入する保険に何を求めるかで変わってきます。

特約を充実させて子供の身に起こりうる怪我や病気の際のリスクに手厚く備えたいのならば医療特約、入院特約などをきっちりと付ければよいし、返戻率を少しでも上げたいと考えるなら、むしろ基本契約に注目して余計な特約などは極力付けずに保険料を抑えるようにすればよいと言う事です。

特約をなるべく充実させつつ高い返戻率を求めるのは、残念ながら実現するのは難しいのが現実です。

そして保険いつ加入するべきかという点ですが、加入時期は早いほど保険料が抑えられ返戻率が高くなります。

保険商品によっては、妊娠の経過が良好ならば妊娠中から加入できる商品もあります。

学資保険の一括見積を上手に活用しよう。

学資ほけんに加入するならなるべく早いタイミングの方が保険料も抑えられてお得だと思っても、やはり長い期間加入することを考えれば、最もお得で自分たちにとって最適な保険を選びたいものです。

そんな時に便利なのが学資保険の一括見積を利用することです。

例えば満期返戻金をしっかりと確実に受け取れるようにしたいのならば、返戻率を比較して保険商品を選ぶ必要があります。

保障内容を充実させたいなど様々な条件がある場合にも希望する条件を入力することで複数の保険商品を比べる事が出来ます。

保険会社各社に資料請求するよりも手軽に比較できるので、学資保険を選ぶ際には上手に活用することで、より希望に合った保険商品を見つけやすくなります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*