Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険は母子家庭でも検討してみる価値はある?シングルマザーと学資保険

結婚をして子供ができ、幸せな家庭を築くというのは理想的です。

ですが、いざ結婚をしてみると夫とうまくいかず、子供ができてから最終的には離婚して母子家庭となった方もいるでしょう。

夫婦できちんとした生活をして共働きなら生活などもある程度安定させることができ、子供が育って学校に通うようになっても学費などもきちんと出せるはずだったはずが、離婚してしまうことで生活への不安や子供に対してかかる養育費や学費的な問題に悩まされる母親も少なくありません。

ですが、悩み続けるよりも現状から少しでも生活が楽になるように行動してみることや先々の子供の学費などで悩むことがないように、対策をしていくことが大切です。

子供の学費に関しては、学資保険に加入してみるというのも一つの選択肢です。

教育資金を確保するために保険料を支払い、祝い金や満期額資金など受け取ることが可能になるものです。

学資保険のメリットはいくつかありますが、貯蓄が苦手という方には向いている商品でもあります。

特に母子家庭となると、金銭のやりくりがかなりうまくないと、生活がかなり苦しい状況が続いてしまう可能性もあります。

また、母親本人、もしくは子供が病気になってしまうことや交通事故で入院などしてしまう可能性などもゼロではありません。

このように、生活をすることはできても予定外のトラブルなどにおいて出費がかさんでしまうと、毎月、きちんと貯蓄をしたいと思っても満足にできない状況となり、子供の学費など先々を考えて貯めておきたいという気持ちはあっても難しいのも実情です。

そのため、金銭面でのやりくりがうまい方や目的意識の強い方などでないとなかなか貯蓄を予定通り続けるというのは難しい点から、学資保険など強制的に保険料として支払うことで子供のための学費の確保をしていくことができる点はメリットといえます。

もう一つの大きなメリットとしては、契約をする本人が死亡した場合に給付金が受け取れる点です。

母子家庭の場合には、母親が働き家庭を支える必要があります。

ですが、仕事や生活においてもかなりのプレッシャーのなか過ごすことでもあるため、時には疲労やストレスを抱え込んでしまい、体調不良や重い病気にかかってしまうパターンもありえます。

最悪の場合には、考えたくありませんが、死亡してしまう可能性もあるためこのような状況で子供が残されてしまうと、子供だけで生活をしていくことになります。

この状況でお金などもなく、頼れる母親がいない状況ではまともな生活をするというのはかなり厳しいといえます。

このような状況に関しても保険というのは頼りになります。

学資保険では、契約した親本人が死亡した場合に、保険料の支払いが免除される点や祝い金や満期保険金がきちんと受け取れるため、子供にとって人生においてはかなりの分岐点になることもありますが、学費に関してのある程度の金銭的なカバーがされる点から、もしもの時の保険という意味で加入しておくと残された子供のためにもなります。

ただし、保険はメリットだけではありません。

デメリットも存在します。

中途解約をするとその中途解約した年数などにもよりますが、元本割れしてしまうケースもあり、保険会社も倒産リスクがある点などもデメリットといえるでしょう。

定期的に保険料を払い続けることができれば問題ありませんが、生活の状況や仕事、収入などによっては保険料の支払いがかなりの負担となってしまう可能性があります。

そのため、中途解約しなければならない状況に追い込まれてしまうケースも存在するため、かえって損をしてしまうリスクも秘めています。

また、保険会社が倒産すれば、ある程度の保証はされますが、給付金の額などがかなり減額されてしまう可能性もあります。

このような点からも、メリットだけでなくデメリットもしっかりと把握しておくことは大切です。

もしものための保険であることは確かですが、先々の生活や自分、そして子供にとってどのような選択をすることが最もいい選択なのかを今一度考えてみることが必要です。

母子家庭で自分の意志で貯蓄をして先々何があっても持ちこたえることができるのかどうか、子供がどのような進路をとるのかなど色々な点を想像して判断することが大切だといえるでしょう。

学資保険以外にもさまざまな貯蓄の仕方もあります。

また、学資保険であっても保障をいくつかつけるという選択肢もあり、貯蓄型や保証型など保険には特徴もある点からいろいろな保険をチェックして特徴をつかみ、どの商品が一番適した商品なのかを判断してみるというのも一つの方法です。

母子家庭として生活するのは、いろいろな苦労や悩みを抱えてしまうケースもありますが、よりよい生活、生活の安定などのためにどのような選択をしたらいいのか、一度時間をかけてゆっくり考えてみること、ネット上などで情報を集めてみることで検討してみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*