Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険にいくらまでかけられるのかFPが教えます!

学資保険は子供の人生の選択肢を狭めることがないように親として出来ることをしてあげたいという気持ちがあれば是非検討をしたい保険になります。

学資保険は子供が生まれれば加入することが出来ますので、最も教育費用がかかる大学入学までの18年間という長い期間を味方にして毎月積み立てて将来に備えることが出来ます。

子供にどのような未来を歩んで欲しいと考えるかはそれぞれのご家庭で変わってきますが、私立でないから我が家は対策が不要だと考えているご家庭は大学まで国公立の学校に通ったとしても1000万円近い費用がかかるとされていることを知っておいた方が良いでしょう。

もちろん総額になりますので、1度に1000万円が必要になる訳ではありません。

しかし、節目節目で必要になってくる学費であり、国公立の大学に入学するために塾に通ったり、浪人をする費用は含まれません。

もし遠方の大学に通うとなると当然下宿することになります。

大学生の間は生活費を自分のアルバイトで働いたお金で全額賄うことは難しいので、当然仕送りも必要になります。

仕送りがいくら必要になるかについても東京の大学に進学するのか、地方の大学に進学をするのかによって変わってきます。

東京で一人暮らしをさせるのであれば、アパートやマンションの賃料も地方に比べると高くなる上に、物価も地方よりは高いので生活費も高額になります。

将来的に東京の大学に進学させ、且つ下宿させるという予定であれば、当然いくらかかるのか前もって資産をしておくようにしましょう。

国公立以外にも私立も視野に入れてくるとなると、当然かかる学費もより高くなります。

生まれたばかり、またはまだ小学校にも入っていない段階で大学入学という遠い未来を見通すことは難しいと感じる方もいるかもしれませんが、子育て世代にとって時間を味方につけなければまとまったお金を用意することが難しいこともまた事実です。

子育てをしている間は何かと物入りになったり、一緒に過ごすことが出来る貴重な時間の間に旅行に行きたいということもあるでしょう。

住宅を購入すれば住宅ローンの支払いも発生しますので、毎月少しずつ備えていなければいざという時に間に合わないということもあり得ます。

あの時にこうしていればと後悔をするよりは、先んじて対策を講じておく方が安心です。

子供の学費にいくら支出出来るのかについては家庭の教育方針によって異なりますが、子供の人生の選択肢は広い方が良いことに違いはありません。

毎月いくら積み立てられるかは収入状況か子供の人数によっても変わりますが、1人が大学に進学する度に入学年度に200万円は用意しておくことが推奨されます。

200万円という金額は18年間貯めることを考えれば月々1万円弱ほどになります。

良い利回りの学資保険を選べば毎月の掛け金は更に抑えることが出来ます。

子供が2人いる場合でも月々2万円です。

この程度の金額であれば毎月支払っていくことが出来ると感じるのではないでしょうか。

学資保険のデメリットは中途解約をしてしまうと元本割れが発生する商品があることです。

せっかく積み立てていたのに、家計環境が変わって毎月の支払が難しくなってしまい、解約を選択する結果になってしまうとせっかく積み立てた掛け金が元本を割るというリスクがあることを知っておくようにしましょう。

毎月の支払っていく金額に無理があるようであれば掛け金の金額を見直す必要があります。

毎月の掛け金に余裕があれば、多少の家計の支出が増えたとしても学資保険を解約するまで追い込まれる可能性も低くなります。

また、余裕がある分は保険ではなく貯蓄として蓄えておくことも重要です。

子供の教育費用の捻出に手いっぱいになってしまうと自分たちの老後資金が全く貯められていなかったということもあります。

今の時代年金は減額されていく傾向にありますので、賢く子供たちの教育費用も貯めつつ、自分の老後資金も確保しておきたいところです。

また、長い人生の間に子供たちが病気をしたり、ケガをしたりすることもあります。

全く預貯金がないという状態では不測の事態に備えることが出来ません。

もちろん転職や自分が病気になってしまうリスクもゼロではありませんので、安心するためにも余裕資金は使わずに貯金をすることをお勧めします。

学資保険の多くは大学入学時にまとめてお金が手に入る設定になっています。

もしかすると国公立に進学し、預貯金で賄うことが出来たり、人生の選択において大学に進学をしないという場合もあり得ます。

しかし、そのような場合であってもまとまったお金は将来的に結婚の資金にしたり、一人暮らしをする際の原資にあてることも可能になります。

もちろん子供たちが進学先に困ることがないように貯めるべき保険ではありますが、将来的に違う用途に使うことが出来ると思うと、より未来に対して楽観的になれるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*