Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険と返戻率の計算方法についてFPが教えます!

学資保険は子どもが将来大学などに進学する時などに必要なお金を備えるための保険です。

学資保険は子どもが小さな頃から掛け始め、月払いや年払いの形で必要な保険料を支払っていきます。

そして、子どもが高校を卒業した時など一定の時期に受け取れるように申し込んでおき、その時になったら満期を迎えた教育資金を受け取るという仕組みになっています。

このような学資保険は様々な保険会社から出されていて、加入する親御さんも多くいます。

このような保険に加入する時には、返戻率はとても大きなポイントになります。

返戻率は、支払った保険金額の総額に対して、受け取れるお金の合計がどれくらいになっているのかということを表した数値で、同じ保険料ならできるだけ高い返戻率の保険に加入した方がお得なのです。

そのため、このような保険を選ぶ時には返戻率に注目して選ぶのがポイントです。

ではどのようにして保険の返戻率を計算することができるのでしょうか。

この点については、計算に当たって、満期保険金と祝い金、支払保険料の3つのことばを確認しておきます。

まず、満期保険金は、あらかじめ決めた保険期間の満了時において、受け取ることができる金額のことです。

満期を迎えた時の受取金で、18歳満期型の保険であれば18歳の時に受け取ることができます。

祝い金は保険期間が満了する前にもらうことができる一時金のことです。

この祝い金は保険会社に申請することでもらえる者についてもらうことができます。

例えば、学資タイプの保険なら、子どもが小学校や中学校、高等学校に進学する時に準備用に受け取り可能になっているものがあります。

また、大学に入学した時に大学4年間の間、毎年祝い金が出るといったものもあり、加入する保険によって様々なものがあります。

そして、支払い保険料です。

この保険料は毎月、毎年などあらかじめ設定した期間の保険料です。

毎月型を選択すれば、毎月支払う保険額を保険会社に支払います。

保険会社では、まとめて支払うこともできるようになっており、総支払額は毎月型がトータルでは高くなっており、半年型や1年型というようにまとめて支払う期間が長いほど割引率が適用されてトータルの支払額は小さくなるようになっています。

最もお得なのは、一括して一時払いをするものだといえます。

返礼率を計算する時には満期保険金とお祝い金などの一時金の合計といった受け取れるお金と、トータルで払込んだ保険料との割合を計算して算出します。

そして、受け取れる岡へとトータルで払込みした保険料が同じ額だった時には返戻率は100%になるのです。

そして、受け取れるお金の方がトータルで払込んだ保険料よりも多かった場合には100%を超えます。

逆に、受け取れるお金がトータルで払込んだ保険料よりも少なかった場合には100%を下回るようになり、この場合には元本割れという状態になります。

つまり、払い込んだお金の方が多くなってしまって、損してしまうということになるのです。

ただ、一つ留意しておくポイントがあるといわれており、できるだけ長い期間、保険会社にたくさんのお金を預けているという状態が長いと長いぶん、支払う保険料総額は少なくなるようになっているのです。

0歳から開始し、満期が18歳すると、18年間保険料を払い続けます。

このことは、1歳から保険料を支払うのと比較すると払込む保険料の総額は少なくなるようになっているのです。

また、保険満期が18歳になっていても払込期間は短縮可能な保険はあり、18年間ではなく10年間で払い込むというようにすると、早く保険料の全額の払込が完了し、18年間払い続けるよりも保険料の総額は少なくすることができるのです。

その結果、この率が高くなるということなのです。

このタイプの保険も、支払う保険料よりも受け取る保険料が多くなればお得になります。

そして、同じ保険に加入するなら、できるだけお得に加入したいという人も多いのです。

それは、払い込んだ保険代が増えた状態で戻ってくるため、とても魅力的なのです。

ただ、この保険には特約を付けることができる者がとても多くなっており、そのような特約をいろいろ付けると元本割れしてしまうということになりやすくなります。

そのため、このタイプの保険はシンプルに貯蓄をするということに主軸をおき、特約を付けずに申し込んでいくのがお得になります。

この保険で最もお得に入れるといわれているのが、0歳か出生前に加入し、保険料をすべて一括で支払いをし、そして、特約なしで申し込むということです。

なかなかそこまでは考えにくいという人や現実的でないという人も多いといえますが、このような方法で学資保険を用意するのが最も相対的なお得度が高くなるのです。

このように、この保険は支払した金額と受け取った金額の相対的な割合を計算することができます。

できるだけお得に加入できるようにすると保険料が安くなるのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*