Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険の契約時には返戻率をよく確認しておこう

学資保険は子どもの教育資金を用意するために加入する保険商品です。

この保険に加入する時には返戻率ができるだけ高いものに加入するとよりお得です。

返戻率とはトータルで支払った保険代とその保険の受取総額です。

分母には支払ったトータルの保険代を置き、分子に受取総額を置きます。

そして、これらの金額が同額の場合にはこの率は100%となります。

そして、支払った保険代の方が高ければ元本割れということになり、この率は100%を下回ります。

逆に受け取ったトータルの金額の方が多ければこの率は100%を超えるということになります。

学資保険は、教育資金を貯めるにはぴったりの商品です。

預貯金でも利子はつきますが、利率はとても低くなっていますし、その低い利率に対して20%の税金もあり、学資保険の方が定期預金よりもメリットがあるといわれています。

また、税金の控除も受けられるといった優遇措置などもあるため、加入する人も多くいます。

子供の教育費に備えるという保険商品がこの保険ですので、この保険に加入する際は貯蓄性を期待して入るということになります。

そのため、できるだけこの率が高い保険を選んで加入することがおすすめです。

この保険は契約時に満期返戻金が決められます。

その返戻金を受け取るために毎月や半年ごと、年毎の保険料を決められた期間の間支払います。

子ども1人を大学に行かせ、4年間通わせようと思うと教育費要は1000万円はかかるといわれています。

子どもが一人暮らしをするという場合には家賃や食費、光熱費なども必要になってきます。

私立に行くのか国公立に行くのかによっても学費は異なってくるといえますが、きちんと備えておくためにもどれくらいの保障が必要で、どれくらい掛ければどれくらい戻ってくるのかということをしっかりとチェックし、少しでもメリットが多くなる保険に加入するようにしましょう。

この保険は子どもの将来の教育費を準備するための保険ですが、保険料が高いといわれており、元本割れするリスクもあるといわれています。

この点は預貯金にはない点といえます。

医療特約や育英年金などの特約を付けるなどオプションを充実させるとこの保険が元本割れしやすくなるといわれています。

また、この保険の保険料は契約者の年齢と子どもの年齢によって変わってくるといわれています。

そのため、モデルプランではなく実際の自身の年齢と子どもの年齢に合わせて検討をするようにしましょう。

この保険では返戻率は高いほどお得になります。

そのためできるだけ返戻率が高い保険に入ることが大切です。

しかし、同じ保険商品であっても契約内容を工夫することによってもこの率は違ってきます。

少しでもお得にするために次のポイントを実践してみましょう。

まず、保険料の支払いはできるだけ長期間ぶんをまとめるということです。

一番メリットが大きいのは全保険料を一括で支払うということです。

しかし、なかなかこのような支払い方は難しいという場合が多いといえますので、できるだけ年払いを選択してみましょう。

年払いが難しいという場合には半年払いというように、月払いよりもまとめて支払ってみましょう。

保険料が安くなったとしても、最終的に受け取れ保険総額は同じになります。

そのため、この率が高くなるということなのです。

そして、保険料の払込期間をできるだけ短くするということもポイントです。

払い込む期間が短かいと、一回に支払う保険料は高くなるかもしれませんが、支払い総額はよりリーズナブルになる場合がほとんどなのです。

そして、保険金の受取はまとめるとお得です。

この保険では満期時期の他にも、小学校や中学校、高校や大学というように節目ごとに入学祝い金が受け取れるものもあるのです。

そのような場合には、複数回に分けて受け取るよりも、大学だけといったように、受け取りをできるだけまとめる方がこの率が高くなるのです。

いろいろと特約を付けたい場合もあるといえますが、保障はシンプルな方がこの率は高くなるといわれています。

元本割れのリスクを回避するためにもこの考え方を知っておきましょう。

そして、無配当型を選択するということでもこの率を高めることができます。

このタイプの保険には資金運用によって生じた利益を配当金として受け取れる有配当型があります。

しかし、この配当金は受け取らない方が保険料が安くなり、返戻率は高い傾向にあるといわれています。

さらに、支払の方法をクレジットカード払いにするとポイントを貯めることができます。

そのポイント分も考えてこの率が高くなるということです。

このように、学資保険は子どもの将来の教育資金を用意するための保険です。

この保険では受け取る金額と支払う金額を比較してみて、できるだけ受け取る金額が多いものの方がお得です。

そのため、契約時によく確認しておきましょう。

また、様々な工夫でこの率を高くすることができるといわれています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*