Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険は全期前納をして返戻率を高め方についてFPが教えます!

子供が生まれて、子供の将来の為にと始める学資保険ですが、貯金ではなく保険として積み立てるのを勧めるのはなぜか。

それは、貯金は換金性が高いために貯めてるつもりが目標金額まで貯まっていなかったという事もありますが、保険にすることで、満期金で目標金額が定まっており、それに向けて長い期間一定金額を積み立てていくことができて貯金と違い換金性が低い。

そして何より、契約者である親が突然の事故や重度の障害を持つようなことがあって保険料の支払いが難しくなった時にはそれ以降の保険料の支払いが免除されますが、満期の金額は変わらず受け取れます。

そして、進学時期に用意できる金額があらかじめわかっているので、進学時期が近くなった時には満期金以外にどれくらいお金を用意したらいいかなどの見通しも立てやすいのです。

世の中には数えきれないほどの保険会社がありますが、保険会社によって学資保険の内容は随分と違います。

節目の進学時期にお祝い金がもらえるものや、保険料の払込総額より満期金が多いと返戻率の高さを売りにしている会社もあります。

でも、払った総額より戻ってくる方がいいと言っても、お付き合いなどで返戻率の高い保険会社を選ぶことが出来ないこともあります。

それなら保険料のかけ方を考えて満期で受け取る金額は同じでも、払い込み総額を少なくし返戻率が上がるようにしようという事で、知っているようで知らないお得な保険料のかけ方をご紹介します。

保険というと、月々いくら掛けて補償内容は死亡保障や医療保障がついているかなどいろいろ考えますが、保険料のかけ方については、保険会社の担当の言うまま月掛けにしている方が多いと思います。

保険料なんて、まとめて支払ってもそんなに変わらないと思っていると、びっくりするかもしれませんよ。

今は、超低金利時代なのでお金を銀行に預けていても増えません。

一年間利率が0.001%の普通預金に100万円預けても10円しか利息は増えません。

まだここから税金が引かれます。

昔は、100万円を10年間定期預金に預けて置いたら200万円になったというおとぎ話のような嘘のような本当にあった話を、金利の高かったバブルの時代を知っている方たちが聞かせてくれますがその次に続く言葉は、今の金利は馬鹿らしくって預けていられないという愚痴です。

それでも、まとまったお金を家に置きっぱなしにするのも怖いし銀行にあずけておけば、お金は増えないけどつい使っちゃったり、強盗に入られて盗まれるよりかは安心というところでしょうか。

そこで、まとまったお金があるなら保険料として払うことも考えてみるのも一つの手です。

保険なんて、損するに決まっている。

払い込み金額より戻ってくる金額のほうが少ないと思われるかもしれませんが、
払い込み総額を少しでも少なくして得をしようという事なんです。

払い込み総額が少ないからと言って、保障が変わるわけでも満期金が少なくなるわけでもないんです。

保険料の掛け方としては、月々払い・半年払い・年払いなどがあります。

月々払いより半年払い、半年払いより年払いにした方が保険料の割引率が大きくなります。

一番大きな割引があるのは全期前納です。

全期前納という言葉は聞き慣れない言葉かもしれませんが、保険加入時に全期間の保険料を払い込んでしまう事を言います。

これによって、月々の保険料の支払いなしに保障を受けれて、月々保険料を払うのに比べて払い込み総額を少なくすることができます。

また、実際の保険料払い込み期間分の生命保険料控除を毎年受けれますし、もしも払い込み期間途中の時期に解約や被保険者が亡くなられるという事があった場合は、その時点以降の先に払い込まれている未経過分の保険料はそのまま戻ってくるという優れものなのです。

これだけ見ると、全期前納はメリットばっかりに見えますが、メリットがあればデメリットももちろんあります。

それは、かなりまとまった金額が必要だという事です。

分かりやすく言うと、インターネットので調べた2018年度の学資保険返戻率1位が109%だったので、契約者や子供の年齢などを考慮せず単純に返戻率109%だといくら位になるかというと200万円の学資保険に加入するためには約185万円ものお金が一時的に必要だという事になります。

185万円って、大きな金額です。

もし、この185万円は使う予定のないお金だったらどうしますか。

貯金にして利率0.001%で預けると一年で18.5円の利息。

全期前納にして185万円が15万円も増えて200万円になって子供の進学にお金が必要な時期に手元にある。

どちらがお得か一目瞭然です。

特に、子供が生まれたときはお祝いなどでまとまったお金を用意しやすいのでよくわからないからとりあえず貯金にしておくというのではなく、学資保険に加入して賢く増やすという選択肢もあっていいのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*