Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険は代理店が受け取る手数料が少ない点に注意するべき?

保険を新たに契約する場合は、保険会社に直接問い合わせて手続きをします。

しかし、保険会社は契約者からの保険料の徴収などで忙しいので、営業力を強化するために代理店によって窓口を増やす戦略を展開しているのが実情です。

代理店とは保険会社から正式に委託されたところを指しており、個人から大手の会社に至るまで色々あります。

保険の販売には販売員としての資格と委託契約が必須で、具体的には希望者と保険会社の仲介をしています。

販売した保険に設定されている報酬を保険会社から受け取ることで利益を得ており、専門店として窓口を構えている会社はテレビCMなどの広告宣伝を行って認知度を上げている状況です。

個人の副業としてもよく行われていて、色々な場面で保険の勧誘をしています。

代理店は保険を販売した際にもらえる手数料が主な収入だから、必ずしも相談してきた人間のためになる保険を勧めるとは限りません。

ビジネスとして保険の販売をしている以上、例えば学資保険がかなり役立つ保険であったとしても儲けのためにわざと別の保険に誘導することもあります。

保険会社の社員は毎月決まった金額の給料が振り込まれますが、代理で販売しているだけの外部は原則的に成果報酬です。

どれだけ頑張って説明しても成約しなければお金を得られない上に、安い手数料の保険では効率が悪いという問題点を抱えています。

フリーで販売していると儲けが大きい保険を重点的に勧める傾向にあり、金融機関に所属しているケースでは自社や提携している保険をアピールしてくるので気をつけましょう。

学資保険の販売で代理店がもらえる手数料は少ないので、よく低解約返戻金型終身保険に入らせようとします。

なぜなら、低解約返戻金型終身保険の販売によって受け取れる手数料が高いからです。

成果報酬という厳しい世界で生き抜いてきた営業マンはセールストークが上手で、ただ相手の言葉を聞いているだけでは流されてしまいます。

嘘は言わないが聞かれない限りは全てを説明することはないという絶妙なラインで話を進めていくため、自分自身でよく考えることが大切です。

営業マンの立場にもよりますが、保険のことを何も知らない人間だと判断されたらカモにされる可能性が高くなってしまいます。

営業マンは自分のために商品を販売するだけの存在と心得て、適切な距離を取るのがベストです。

数ある保険の中でも学資保険は契約者にとって高待遇で、保険会社がわざわざキャンペーン等の販売促進を行わずとも勝手に売れていきます。

そのため、売る側にはあまり旨みがない一方で、契約した人間にとっては子どもの成長を手厚く支援してくれるので大助かりです。

口でどう言おうとも、保険の営業マンは自分の利益を最優先に行動しています。

仮に自分の家族や親戚であったとしても、保険の勧誘については慎重に対応しなければいけません。

保険会社が営業マンを大量に採用しているのは親しい人間に販売させるためだから、しがらみに縛られずに上手い言い訳で回避しましょう。

代理店についても同様で、何らかの付き合いがあっても適度な距離を保つのが賢明です。

保険料の払い込みは長期的に続くため、一時のしがらみで流されるとたいして役に立たない保険を住宅クラスの金額で買わされてしまいます。

代わりに勧められることが多い低解約返戻金型終身保険は、高齢になったぐらいの満期でまとまったお金を受け取れます。

生涯有効な保障として考えた場合に学資保険よりもお得であることが営業マンにとっての決め手で、長い目で見ると有利であると口説き落とすのが必勝パターンです。

ただし、低解約返戻金型終身保険を中途解約した場合は、本来の金額よりも大幅に減ってしまいます。

中途解約しなければ良いと考えるのは早計で、人生における大きな出費のためにやむなく解約したという事例が多発しているのが現実です。

そもそも、若い世代が子育てをしていくために設計されたのが学資保険だから、素直にベストな保険に加入しておくのが賢い判断となります。

手数料による収入を常に気にしている保険の営業マンに誘導させないためには、事前に保険の基礎知識を学んでおくのが一番です。

保険の窓口に相談する時にも丸投げにはせず、一通りの説明を聞いた後にいったん持ち帰って自宅で検討すると冷静になれます。

相談している場ではなかなか断りにくいから流されがちですが、自宅に帰ってみると落ち着いて考えられます。

営業マンも自宅に帰らせると成約率が極端に下がると理解しているので、初回の相談で契約までこぎつけるために頑張るという構図です。

終身保険そのものが全体的に保険会社の利益になる仕組みになっており、わざと複雑にしていることからよく分からずに契約してしまうパターンがよく見られます。

複数の代理店やWEBサイトを回って比較する方法もありますが、実は同じ系列で同じ保険を勧められるケースが珍しくありません。

どこも同じことを言っているからと信用してしまうのは危険で、最終的には自分の頭でしっかり考えることが重要です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*