Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険に入院保障を付けられる?FPが分かりやすく解説!

学資保険は子供を持つ親にとって、将来の教育資金を準備するためにとても人気の高い保険商品です。

子供が生まれると多くの人が学資保険への加入を検討すると言われていますが、保険に付ける特約などはどの程度まで必要なのか、迷ってしまうという人も少なくありません。

学資保険がどうして人気が高いか

子供の将来の為に必要になる教育資金をコツコツと準備することがこの保険の目的であり、多くの場合は貯蓄機能と保障機能を備えています。

元々利益を追求する種類のものではなく、あくまでも確実に安全に教育資金のための積み立てをするための商品なのです。

通常は子供が大学などへの進学する際に満期を迎えるように18年という長い年月をかけて準備するもので、満期額の相場としては200万円ほどだと言われています。

200万円という金額はもちろん大きな金額なのですが、18年間あれば200万円貯金することは可能だと思える金額でもあります。

それでも学資ほけんがこれほど保護者からの高い人気を誇っているのは、通常は満期の額が元本よりも上回っていることに加え医療保障などのいわゆるおまけがついているからです。

そして支払期間中に契約者である親などが万一死亡した場合には、多くの場合保険料の支払いが免除されて死亡後も保険契約を維持して、満期時期にはあらかじめ決められていた満期返戻金を受け取る事が出来るという点が保険商品として高い人気と信頼を得ている理由の一つです。

でも、現在様々な保険商品があり、どんなものを選べば良いのか迷ってしまうという人は少なくありません。

そして子供のための保険を選ぶ際にもう一つ頭を悩ませるのが特約などをどうするかという点です。

入院保障は特約にあたる

子供に将来的に必要になるであろう教育資金相当額を貯めるなら普通に貯金すれば済む事なのですが、保険商品を選ぶ以上様々な保障が見込めるのが魅力です。

学資ほけんには例えば障害特約や医療保険特約、災害特約など様々な特約を付けられる保険商品もあるので、保障内容を充実させて万一の時のリスクに手厚く備える事も希望すればできます。

これらの特約を付けておくことで、もしも子供が加入中に事故などで怪我をして保険契約に記載された所定の条件を満たす状態になったり、不幸にして死亡してしまうようなことがあれば保険金を受け取る事が出来ます。

さらに病気やけがによって万一子供が入院したり手術をした場合には入院給付金や手術給付金などが定められた条件に照らし合わせて支給されることになります。

基本の学資ほけんにこれらの様々な特約を付けておくことで、将来起こりうるリスクを軽減することにつながるのは確かなのですが、特約を付ければその分支払う保険料の金額は高くなってしまいます。

特に医療保険の保障内容は昨今の医療技術の進歩に伴って様々に変化しており、子供の入院費を万一の時に保障してくれる入院保障も例外ではありません。

医療保障がついている場合は入院保障もセットされていることが多いのですが、これらはあくまでも特約として選んで付属するものです。

その分保険料が高くなるのはもちろんですが、注意したいのは保障時期が生涯続くわけではないと言う点です。

保障期間はあくまでも保険の満期までなので、その後の保障はありません。

入院特約を付ける事と返戻率の関係

学資ほけんに入院特約を付ける事によって、保険料として支払う金額は将来的な教育資金以外の資金も支払うと言う事です。

この保険の目的は本来教育資金を長期間かけて貯めてゆくことで、特約を付ければより多くの支払いが発生するうえ、満期時に受け取る返戻金の金額にも影響が出ます。

そもそもこの保険の返戻率は保険の主契約に対して計算されるものなので、例えば入院特約などを付けても適用されることはありません。

保険に加入する目的を確認してみよう

学資保険は満期金をしっかりと確保して元本割れしない事が最も重要なポイントだと考えているなら、様々な特約などを付ける事で満期金が元本割れを起こすことは避けるべきでしょう。

あくまでも教育資金を確実に安全に貯める事が目的で保険に加入する場合には、元本割れを起こすわけにはいかないのも当然のことです。

でも、例えば入院特約を付ける事が学資保険だけでなく医療保険にも加入していることになるのだと理解すれば、特約を付ける事で元本割れすることが必ずしも悪い事だとは言えなくなります。

保険商品である以上、万一に備えて金銭的な負担は負う必要が生じます。

貯蓄と同時に万一の時の安心を買うという事なので、支払総額よりも満期金の方が少なくなるのはむしろ当然といえます。

保険に加入するのは、損をしないようにするのが最大の目的ではありません。

万一の時に自分たちだけの力ではどうにもならない状況を少しでも手助けするために入るものです。

学資保険を純然たる教育資金の積み立てと考えるか、元本割れを起こしても万一の病気やけがに備えるかを選ぶためには、自分たちが保険に加入する目的を再確認してみる必要があります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*