Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険には元本割れがある?できるだけ返戻率を高くする方法

学資保険は子供の進学などに備え、資金を準備するといった目的から加入する人も多い子どものための保険です。

しかし、そのような保険は元本割れする場合もある商品といわれ、せっかく子供の将来に備えて積み立てを行っているにもかかわらず、お金が増えるどころか減ってしまうということになってしまうケースもあるのです。

つまり、学資保険の元本割れは、保険会社に支払った金額よりも受け取る金額のほうが少ないという状態になることです。

しかし、子どもの将来の学費のための積立をしているのにどうしてお金が減ってしまうのでしょうか。

この点については、この保険は元本が割れてしまうような商品が多くなってきているといわれています。

その理由にはいくつかあるといわれていますが、大きな理由として挙げられるのが低金利の影響といわれています。

1990年代くらいにはバブルで利率が高くなっていました。

その頃は今と違って予定利率が5%から6%くらいで運用されていたのです。

そして、その運用が計画通りで、利率も高かったため、十分な返戻菌を得ることができていたのです。

しかし、その後、バブルの崩壊で低金利政策やマイナス金利政策などの製作が続けられています。

そのため、予定利率も下がっており、そのことで元本が割れてしまうリスクが高くなってきた理由といえます。

また、この保険には様々な魅力的な保障が付いています。

そのような保障を付けることが元本が割れになる理由ともいわれているのです。

この保険にはお子さんが怪我や病気をした際に受け取れる給付金を付けることができるというオプションなどが付けられています。

また、育英年金などもうけとれるようにすることもでき、そうした積立以外の保障付の保険を選んだ場合に元本割れのリスクが高くなってしまいます。

オプションとして選べる保障を選ぶことで、満期の際に受け取れるお金が減ってしまうということなのです。

そのため、学資保険で元本が割れないものを選びたいという場合にはシンプルな商品を選ぶということがポイントになります。

お子さんが大学などに進学する際に準備する教育目的のお金だからこそ、できるだけ元本が割れない商品を選ぶようにするということは重要といえます。

シンプルな学資保険は元本が割れずに元本が増えるタイプの商品といえます。

医療保険特約や育英年金などの特約が付けられていないものは元本が増えるタイプの保険なのです。

ではなぜ特約が付いていると、将来受け取る返戻金が少なくなってしまうのでしょうか。

この点については、特約が付いているとそのぶん保険料が発生しているため、将来受け取れるお金が減るということなのです。

戻ってくるお金を増やしたいという場合、いくつか方法がありますが、その一つとして特約が付いてない保険を選ぶという方法があります。

学資保険では元本が割れない商品を見分けるようにしましょう。

というのは、学資保険で重要なポイントとなるのは、保険料をどれだけ払い、いくら戻ってくるかということなのです。

返戻率が100%なら支払ったお金と戻ってくるお金が同じということになります。

100%を下回っていると元本が割れるということです。

そして、100%を超えると戻ってくるお金が多いということになります。

そのため、できウだけこの率が大きなものがおすすめということになります。

その他にもこの保険の返戻率を上げる方法があります。

同じ内容のものでも契約の仕方によって戻るお金を高くするということができるのです。

その方法として挙げられるのが短期払をすることで戻ってくるお金を増やすということです。

保険料はできるだけ短期間で支払う方が保険料総額が少なくなって、その結果、相対的に戻るお金が多くなります。

6他例えば、ある保険商品の保険料の払込期間を子どもが15歳まで支払うという場合と10歳までに支払うという場合で比較してみると、給付金受取総金額が300万円の場合には、子どもが10歳までとした方が少なくて済むのです。

そのため、できるだけ短期間で支払った方が戻ってくるお金も相対的に多くなります。

こうすると、現在の定期預金の金利が0.1%くらいなのに対し、この保険の場合、利率が大体1.5%になっていたりします。

そのため、より短期間で支払うという支払い方を選択することで戻ってくるお金が増えるのです。

さらに、保険料は一括で支払うと戻ってくるお金が多くなるのです。

その理由は一括払いには前納割引率が適用されるからです。

その割引が受けられた分保険料が安くなるので毎月支払うよりも支払保険料総額が少なくなって、受け取れるお金が相対的に増えます。

つまり、短期間で一括で支払うことで受け取れる保険料はより大きいものになるということになります。

しかし、なかなか短期の一括払いはそう簡単ではないという場合もあります。

しかし、無理のないようにまとめて支払っていくことで、返戻率をアップさせましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*