Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険の加入は妊娠前・出産前に検討した方が良い理由をFPが解説!

学資保険はお子さんが生まれる前に加入することが可能となっています。

お子さんが生まれた後に加入するものだと考えている方もいるかもしれませんが、妊娠中に加入した方が良いのです。

そのためにも出産前だと忙しくなりますし、体調的にも行動が制限されてしまいますから妊娠前から検討して準備していた方が良いでしょう。

多くの学資保険ではお子さんが生まれてくる前に加入できるようになっており、胎児の段階で利用ができます。

どこで利用するかにより変わってきますが、多いのが出産予定日の140日前からになりまして、ちょうど安定期の頃です。

この時期になりますと流産の可能性も低くなり、保険に入れる段階と言えます。

何故、妊娠中・出産前に加入できるようになっているのか、どんなメリットがあるのかと考えるはずです。

大きなメリットが二つ用意されていまして、その他にも細かいものがありますので早ければ早いほど有利と考えられています。

メリットの一つですが、妊娠中でも契約者である親の死亡保障が適用されます。

お金を貯めるための目的として保険に加入されるのですが、親の死亡保障が契約のなかに入っており、万が一、親が亡くなった場合は死亡時以後の保険料の払い込みが免除され、免除されたとしても満期時点での学資金が全額支払いされるのです。

加入途中で何かしらのことが起こったとしましても免除と支払いが保証されていますので安心感が強くあります。

もちろん出産後に加入されても親の死亡保障は適用されますが、加入時点から始まりますので早い方が良いでしょう。

親の死亡保障ですが、あくまでも契約者ですから両親ではなく、父か母のどちらかになりまして、話し合って決めることになります。

妊娠前ですと、出産時にもしも母親が死亡してしまうということもありまして、生まれてくる子供のためにと加入されるケースもあります。

それぞれの家庭状況によって異なりますが、多くのケースは経済的な不安から働いている方・稼ぎがある方を契約者にする方が多いです。

もう一つの大きなメリットとなるのが保険料の支払いが早く終わらせられます。

一般的に学資保険はお子さんの誕生月を基にして払い込み期間が決められますから後で加入する場合は決まっている状態と言えます。

しかし、子供が生まれてくる前に加入しますと加入した月が誕生月ということとなりまして、出産予定日140日前なら5か月前に入れるのです。

早くなることによって、実際の年齢よりも早くに支払いが終了することになりまして、お子さんが大きくなると教育資金も多く必要になりますから払い込みが終了して、学資金も受け取れるので生活に余裕がもてるでしょう。

また生まれてくる前に加入していると親の年齢が生まれてきた後よりも1歳若い場合がありまして、その場合だと出産後よりも保険料が少し安くなります。

このようなメリットがありまして、特に妊娠前だと死亡保障だけではなく、入院保障や医療費などが付いているものもありますので、もしもの時の備えになりますので安心して出産に臨めるようになりますから検討しておくことが大事です。

逆に早く加入することによって起こるデメリットですが、早く手続きするということは支払いも早い段階からしなければなりません。

保険料は加入した時期から支払いが始まりますので、まだ生まれていないのに日々払わないといけないでしょう。

もちろん親の死亡保障のメリットを受けているのでデメリットとも言えませんが、人によっては出産前ということで実感が湧かない方もいるかもしれませんし、妊娠前だと必要性が分からない方もいるでしょう。

もう一つのデメリットとして挙げられるのは出産後に必要になる追加の手続きです。

お子さんのための学資保険は早い段階で入れますが、その時点では誕生日も分かりませんし、戸籍上でお子さんの名前も確定していません。

事前に名前を決めたり、出産予定日も分かっている場合でも確実に決まっていませんし、戸籍には名前が記載されていませんから改めて保険会社に届け出を出す必要があります。

手続き自体は簡単ですぐ終わることですが、出産した後からならやらなくて良い手続きが発生します。

妊娠前に親の死亡保障があるので加入しようと検討している方は増加していますが、もし死産であった場合はどうなるか気になりますが、契約日にさかのぼって無効となるのです。

保険料は全額返還されまして、受けていた保証も無効となり、妊娠中に契約者の夫が亡くなり、学資年金の養育年金を受けていた場合は返還する必要があります。

お子さんが生まれてから加入しようと考えている方がいるかもしれませんが、多くの方が出産後は忙しくて、じっくり考えている余裕がなかったという声が圧倒的に多いです。

早く入ることによるメリットもありますし、妊娠前や出産前だと考える時間や余裕もありますので、将来のためにゆっくり考えてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*