Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険の加入率が高い理由は何?FPが教えるホントのところ

学資保険の加入率はどれ位かというと、約60パーセントほどです。

さらにこれから将来加入する予定があるという人を含めると約70パーセントにもなります。

年代別に見てみると、20代と30代という比較的若い世代の加入者が60パーセントを超えています。

やはり子供を産んで育てている最中の世代なので加入率は他の世代と比べても多いです。

では何故、加入率が他の保険と比べても高いのかというと、いくつか理由があります。

まず親の子供への愛情をはっきりと示す事が出来、その結果子供がしっかりと勉強をしてくれるようになるきっかけ作りになるからです。

これは見方によっては少し嫌な感じを受ける人も入るかもしれませんが大切な事です。

子供は小さい時は素直で可愛らしいですが、成長するにつれて次第に自我も目覚めてきます。

当然思春期も迎えるわけで、親を嫌いになり、会話がなくなる時期も来るかもしれません。

それだけならまだしも、学生時代に勉強をしなくなり、素行が悪くなる可能性すらあります。

そういう時に、親が子供の為に小さい時からコツコツとお金を積み立ててくれているという事を知れば、表には出さないまでも、裏では感謝し、次第に勉強に力を入れるようになります。

また親に万が一の事があっても、子供にはしっかりと勉強出来る環境を作ってあげたいからという理由も多いです。

日本では近年晩婚化が進み、親が高齢になっている為、子供の学費を工面するのが年々難しくなっています。

それに親が病気や事故等で万が一の事があったら子供は大変だからという理由で加入をしている人も少なくありません。

万が一の事に対応する内容の商品となると、返戻率が元本割れしてしまう商品がほとんどです。

結果的に何も起こらず満期まで契約が行くと損をしますが、支払う保険料が、何かあった時に契約者である親の保障へ当てられる場合は損にはならない為、加入する人もいます。

他にも、子供の万が一の時の為に医療保険の代わりに加入をするという理由もあります。

子供が何の障害もなく、元気に生まれたとしても、小さい時に体が弱かったり病気がちであったりすると医療費も沢山かかります。

それでも何とか無事に成長し、学校に行くようになっても、今度は部活動等で怪我をしてしまう可能性も無きにしも非ずです。

しかしこうした心配事の為だけに新たに医療保険に入るのは流石に大げさすぎると考えている人が、最低限の保険を求めて加入すると言うケースもあります。

こうした場合は、医療保障が充実している商品を選ぶ事になりますが、そうすると返戻率が100パーセントを割ってしまう可能性が高いので、事前にしっかりと契約内容を確認する事が大切です。

この学資保険は早く加入すればするほど、毎月の支払い額が安くなるというのも若い世代に人気の理由です。

そして親の年齢も保険料に影響し、保護者に何かあった時の為に備える商品もあるので、特に20代30代の若い親には非常にありがたい契約になっています。

保険会社の中には、若い子育て世代を引き込もうと、子供が生まれる140日も前から加入する事が出来る商品を出している所もあり、その商品は子供が生まれてから入るよりもメリットが沢山ある為人気の商品です。

とにかく加入時期は早ければ早いほど良いというのが大きな特徴でもあり人気の理由でもあります。

あと貯蓄性が高いという理由から加入する人も沢山います。

学資保険は積み立て定期預金や個人向け国債等と比較しても利率が高いので人気です。

元本がしっかりとある人は、個人向け国債でも決して悪くはありませんが、どうしても個人向け国債は元本割れするリスクもあるので、結局無理のない範囲で少しずつ貯める事が出来る学資保険が選ばれています。

それから特にこれといった明確な目的はないが、念の為に一応加入だけしておこうという親も結構います。

子供は腕白であちこちを動き回るので、どこで怪我をしてくるか分かりません。

その為、何かあった時の為に深く考えずに加入しているというケースも多いです。

子供の事を心配し始めるときりがなくなるので、親の精神を安定させるような物という感覚です。

給付金の受け取り方も、満期に一括で受け取るという方法と、子供の進学の節目で一時金を受け取る事が出来るタイプがあるというのも選ばれている理由の一つとして挙げられます。

特に子供の高校や大学入学時にお金が必要な為、一時金を受け取るという人がかなり多いです。

受取額は100~200万円に設定している人がもっとも多く、次に200~300万円の人が続いています。

満期年齢も17~18歳に設定している割合が非常に高い事から、やはり大学や専門学校等への進学に向けた資金として考えている人が多いです。

このように学資保険の加入率が他の保険よりも高い理由は、色々とある事が分かりましたが、結局の所は子供の将来を考えて学資保険は充実した内容だから選ばれているという事が良く分かります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*