Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険の仕組みと返戻率についてFPがどこよりも分かりやすく教えます!

学資保険とは一般的には自分のこどものために必要な保険となりますが、生命保険のようなものでこどもの教育資金が必要になった場合にその負担を和らげるものです。

学資保険に加入をするのはそのこども自身ではなくその親であるお父さまやお母さまが加入する対象者になります。

実際にこどもを育てていくには小学校の入学時から高等学校や大学を卒業するまでの教育のための教育費用というものがかかりますが、この教育費用だけでも莫大な資金がかかり、私立の学校に通った場合は卒業をするまでには1500万円以上のお金が必要になり、私立よりも学費のやすい公立の学校に通った場合でも総額で500万円のお金がいることになります。

私立の学校へ通わせるか公立の学校へ通わせるかはそれぞれの家庭によっても異なりますが、いずれにしても教育のための費用だけでもこのぐらいのお金が必要になるためになるべく家計の負担を減らしたいという要望に応えるためのものが学費保険と言えます。

それぞれの家庭では小学校から高校の卒業までは学費を払うけれどそれ以降の大学や大学院などの卒業までにかかる教育費用は自分でアルバイトなどをして払いなさいという家庭も多いですが、このようなそれぞれの家庭の要望に応えるために学資保険というものがあります。

例えば学費保険には保険の満期によって支払われるものやお祝い金として受け取ることができるものがあります。

こどもを高校や大学へ入学させたいと考えるのならばその時期に合わせてのお祝い金がもらえるように契約をしたり大学を卒業後にも結婚するための結婚資金を考えるのならば20さい以上を満期とした契約がよいのかも知れません。

また学資保険というのはこのようなこどもの学校へ通わせて教育を受けるための教育費用だけではなく、こどもが病気になったり怪我をしたときにも役立てることのできるものです。

こどもが病気やけがをしたら、そのための手術や入院のための医療費がかかりますが、学資保険に加入していることで医療保障のための特約に加入をしていれば加入をしたときに決めた医療のための費用が受け取れるという仕組みになっています。

医療保障のための特約に加入をした場合は満期で受け取ることができる費用や入学お祝い金で受け取ることができる費用が下がることで返戻率が下がるというデメリットも生じてしまうため、特約に加入する場合にはこのような仕組みをよく理解したうえでの加入の申し込みというのが注意をしなければならないことです。

返戻率というのは加入している会社によってそれぞれ異なってくるものですが、わかりやすく言うならばこれまでに支払った金額のすべての額とお金を受け取ることのできる総額を比較した割合のことで受け取ることのできるもののほうがいままでに支払った金額よりも多いのならば返戻率が100パーセント以上となり受け取った費用の方が大きいということになります。

逆の場合には返戻率が100パーセント未満となりいままでに支払っている金額の方が多いということになります。

いずれにしても加入するにあたってはあらゆる会社があらゆるサービスのプランを行なっていますので自分のこどもが成長をしていって高校や大学などを卒業するまでには非常に長い期間がありますので保険を検討するにあたってはじっくりとまわりの評判だけにとらわれることなく、それぞれにあった提供をされているサービスやそれぞれのプランなどの内容を検討しながらの加入の申し込みが大切なことと言えます。

もし、なかなかどのサービスが良いのかどのようなプランをどのようなタイミングで申し込んだらよいのかがわからない場合ははじめのうちはなかなかわからないということが多いものですが、このような場合は自分の親御さんに聞いてみるのも良いのかも知れません。

自分が小学校へ入学してから高等学校や大学さらには大学院の場合などそれぞれ人によっては異なりますが、親御さんに聞いてみることで申し込むのにグッドタイミングな時期やサービスが充実している良くて安心して加入の申し込みができる会社などが見つかるかもしれません。

とりあえず加入を検討していく際にはあせらずにじっくりとよく考えてからの申し込みをするということを忘れずに行なうことだけはきをつけておきましょう。

実際のこどもの人数や学校は私立か公立のどちらへ行かせたいのかなども考えてどう考えても教育費用を通常のように支払っていくのは負担が大きいと感じているのならば学費保険に加入するメリットは大きいものとなりますが、加入をしていても特約などを利用した場合などは返戻率も下がるというデメリットも考えられるため、加入を検討するのならばそれぞれに合った無理のない保険料でスタートするのが良いです。

最近では高学歴社会と言われるようにひと昔まえに比べるとこどもが大学まで入学したり卒業をしたりする割合が年々増えましたが学費保険はこのような時代の流れにもあったものを選ぶのが良いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*