Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険を滞納するとどうなる?現役FPが分かりやすく解説!

学資保険では基本的に毎月保険料を払い込む必要があります。

そのようにして毎月コツコツと払い込んでこそ、満期時には給付金が受け取れるのです。

ですが、何らかの理由により払い込みが困難となり、滞納してしまうこともあるかもしれません。

もしそのようなことになった場合、保険はどのようになってしまうのでしょうか。

もちろんこんなことは起こさないことが第一ですが、一度でも期日までに払い込みができないと即座に大きな問題になってしまうかというとそんなことはありません。

保険会社や保険商品、契約内容によっても多少は異なるかもしれませんが、ある月の保険料の払い込みができなかったからといって即座に保険が無効になってしまうなどということはないようになっています。

普通、ある月の保険料が払い込まれなかった場合、翌月の払込時に前月分のものとまとめて二か月分を払い込むことになります。

この際に特にペナルティ的なものは発生しません。

そして、もし翌月にも払い込まれなかった場合は翌々月にまとめて三か月分を払い込むことになります。

ここまで、特にペナルティは発生しないようになっています。

つまり、三か月分までであればまとめて払い込むことも可能だということです。

しかしそれ以上は待ってはくれません。

もし翌々月にも払い込むことができなかった場合は保険の効力はなくなります。

いわゆる失効です。

失効させてしまうと保険の効力はなくなってしまうのですから給付金も受け取れませんし、契約者が死亡した場合にそれ以降の保険料の払い込みが免除されるという特約についても当然ながら適用されなくなってしまいます。

何のためにそれまで保険金を払い込んでいたのか分からなくなってしまいますから、最悪の場合でも失効だけはさせてしまうことがないようにしなければなりません。

ただ、救済措置として、失効させてしまってからでも1年以内であれば契約を復活させることができるようになっています。

もちろん復活させようとする際にはそれまで滞納していた保険料を全額まとめて払い込むことが条件となります。

もし1年を経過してしまった際にはもはやどうしようもありません。

無かったものというか、初めから保険に入っていないのと同じことになってしまいます。

このように学資保険の滞納は起こすべきでないのですが、そんなことを言っても長い年月の間には家計が苦しくなってしまうこともあるでしょう。

もし家計が苦しく、払い込むための保険料の捻出に苦労するようになった場合にはどのような方法が考えられるのでしょうか。

家計を見直すことで保険料が捻出できればそれに越したことはないのですが、そういう方策は既に尽くしたという場合、お金を借りるという方法はあります。

お金を借りるというと、消費者金融や銀行でのカードローンを思い浮かべる人が多いかもしれません。

確かにそれも一つの方法ではありますが、金利面を考えると決して得策とは言えないでしょう。

消費者金融や銀行のカードローンは金利が15%程度はあり、預金利息などと比較すると極めて高いものになっているからです。

そのような金融機関から融資を受けるのではなく、学資保険の保険会社自身から融資を受けるという方法があるのです。

既に払い込んだ保険料を担保として融資を受けることができ、契約者貸付とか契約者融資などという名前で呼ばれています。

この融資の大きなメリットは、何といっても金利が低いことです。

おそらく、保険の返戻率よりも少し高い程度の金利で借りることができるはずですから、消費者金融や銀行のカードローンの金利とは比較にならないくらい低い数字のはずで、家計にとってはありがたいに違いありません。

また、契約者貸付の場合は保険料が担保となりますから、消費者金融や銀行で融資を受ける場合と異なって審査が無いというメリットもあります。

一方で、貸付を受けることのできる金額は既に払い込んだ保険料の7割から8割程度が上限とされていることが普通で、保険に加入してから日が浅く、まだ十分な金額の保険料を払い込んでいない場合にはまとまった貸し付けを受けることは難しいかもしれませんが、少なくとも消費者金融や銀行に出向くよりも前にまずは検討してみるべきではあるでしょう。

そして、もしも貸し付けを受けることを検討してもなお将来のことを考えると保険料を今後も払い込んでいくのが難しいということになれば、これはもはや止むを得ません。

保険料を滞納して最終的に失効させてしまうよりは、先に自主的に解約してしまい、解約金を受け取るほうが賢いということになるでしょう。

解約金はそれまでに払い込んだ保険料の合計よりも高い金額が受け取れるとは限りません。

解約による手数料などが差し引かれることになりますので、払い込んだ保険料の合計を割り込んでしまうことも十分に考えられます。

それでも、何もせずに滞納を続け、結果的に失効させてしまうよりはよほどましなはずです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*