Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険の月払いメリットとデメリットって?FPが分かりやすく解説!

そもそも学資保険とは何なのでしょうか?

学資保険とはそもそも何なのだろうか、そのような疑問を持つ方はとても多いです。

学資保険はお子さんのためにある保険であり、例えばお子さんが高校などに進学する際の入学金や大学などに入学する際の資金として、親御さんが将来のお子さんのお金のために、加入される保険であります。

加入されるケースとしては親御さんが多いですが、お孫さんがお生まれになったことをとても喜ばれる祖父母様が入られるケースも存在いたします。

また、甥っ子さんや姪っ子さんがとても可愛いというおじさんやおばさんの立場にあたる方が、将来、甥っ子さんや姪っ子さんが困らないように、自分が加入してあげたいというケースなどもありますが、あくまでも親権者は親御さんであるため、加入できる範囲の親族は限られています。

例えば親御さんは問題なく、そのまま契約者様として入っていただくことが出来ますし、保険会社さんにもよりますが、祖父母様も親御さんの許可があれば契約者になることは可能です。

一方で、おじさんやおばさんにあたるケースの方の場合には、親権者様の許可があっても契約者になることは出来ない、というケースが多いです。

これは、上記のように保険会社さんによっても異なりますが悪用などを防ぐためという目的と、お一人のお子さんが入ることが出来る保険の限度額などが定まっているケースがあるため、とされております。

こうした学資保険ですが、このようにお子さんが誕生したことにより将来にお子さんが例えば私立の大学に行きたい、と言われた際に、お金に困ることがないように備えとして加入されるケースが多く、実際に入っていて良かったとされる方がとても多い保険です。

なお、特徴として最大限に大きな点は加入者様、つまり契約者様が亡くなられたケースなどでお金のやりくりが出来なくなってしまった場合でも、お子さんにはきちんと保険金が支払われるという特徴が存在しております。

この保険には絶対に入らないとダメなのだろうか、と悩まれる親御さんも多いですが実際には上記のように万が一に備えてのメリットがとても大きいことから、ご兄弟そろって加入される方が多い保険となっています。

ところでこの保険の月払いとは何でしょうか。

まず、月払いという意味合いなのですが、毎月、保険料を契約した保険会社に支払うもの、これが月払いとなります。

この月々に支払いを行うメリットとしては、通帳から引き落としでの自動契約が多いことから忘れていても勝手に通帳から引き落としがなされるという点が、利点となっております。

または保険会社さんにもよりますが、通帳のようなものを作成してもらい、そこに毎月支払いに窓口に行くというケースなどもあります。

月々に支払う、という意味合いからこのような名前になっております。

逆に月々に支払わないというケースも存在していますが、それが前納払いなどとなっています。

前納払いの場合には、金銭的に余裕がある場合には、契約の際に、例えば契約する保険の保険料金が300万円と仮定しまして、そのまま現金などで300万円を支払い、支払いを全て終わらせることを指します。

もしくは、ボーナスなどが出た場合には、延滞してしまうと契約そのものが切れてしまうことから、ボーナスで得られたお金を、前納として数か月、または1年などのお金を前納するという方法なども存在しております。

これらは、契約された方の生活でのニーズや、金銭感覚など、色々なご事情で存在するものでありますから好きな方法で支払いを行うことが出来る仕組みになっております。

上記のように、一括で払いたい場合には契約を行う際に全ての保険料を一括で支払いをしたいという旨を伝えると保険会社の方で、前納割引が適用された保険料の全額を提示してくれます。

前納のメリットはここにありますが、月々に支払う方が安心する、という方もおられますのでこれも個人差が大きくなります。

なぜ月々に支払う方が安心するのか、というケースに関してはお金の価値が時代によって異なっているためです。

例えば昔は1円のお金でキャラメルが購入出来ましたが、現在では1円ではキャラメルは購入できません。

これは極端な例になってしまっておりますが、お金の価値は、その時の経済状況によっても変化があるため割引がきく前納にするのか、それともその時の経済状況に合わせた月払いの方がいいのかは、やはり契約者様のお気持ち次第になっています。

ちなみに、ボーナスなどが入った際の例えば1年だけの前納の場合にも、割引が適用されますのでこれらを考慮して支払いをされる方もおられます。

給料などは少ないけれども、または前納には抵抗があるという方の場合には月払いにすることでお子さんのために将来的に預金が出来る形の仕組みとなっていますので、学資保険は色々な面で、お子さんを想う親心のこもった保険とも言えます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*