Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険の受け取りの時期はいつ?FPが受け取りタイミング教えます!

学資保険の受け取りの時期ですが、最も多いのは大学進学時、つまり子供が18歳になったときに受け取れるものです。

子供の教育には多くのお金がかかるものでしょうが、その中でも飛び抜けて多くのお金がかかるのはやはり大学進学時ですから、それに備えるというのが保険本来の目的にも適っているわけです。

ですが、それが全てではありません。

学資保険によっては、大学進学時以外にも受け取れるパターンが設定されているものもあります。

自分たちのライフプランをよく考えて選ぶようにすることもできるということです。

例えば、満期金としては18歳時に設定してあるけれども、小学校、中学校、高校への入学時にもお祝い金などの名目で保険金の一部を受け取れるようになっている保険商品もあります。

確かに、大学入学時に最も多くのお金がかかることは間違いないでしょうが、それ以外の入学であっても多少なりともお金はかかるはずですから、それに備えるという方策を取ることが可能になります。

ただし、当たり前のことではありますがお祝い金という形で保険金の一部を受け取ることになる以上、本来の目的である大学進学時に受け取れるお金はその分だけ少なくなってしまいますから注意は必要です。

とはいっても別に損をするわけではありませんし、お祝い金が余るようなことがあればそれは自分自身でその後の教育資金として蓄えておけば良いだけという見方もできますから、要は自分たちのライフプラン、考え方次第ということになるでしょう。

一方で、大学は入学時だけにお金がかかるわけではありません。

授業料その他、4年間にわたって毎年まとまった金額が必要になることもまた間違いないでしょう。

ということで、それに備えた保険商品もあります。

つまり、大学入学時に満期金をまとめて受け取るのではなく、大学入学時、2年次、3年次、4年次と4回に分けて保険金を受け取るような商品です。

このような商品だと毎年必要になる授業料その他の費用に備えることができます。

大学生になると、場合によっては親元を離れて一人暮らしを始めるということも大いにあり得るでしょうが、そのための費用に充てることももちろん可能です。

ただ、多くの大学では毎年の授業料もさることながら、やはり入学時の入学金が大きな割合を占めることも事実です。

入学時に一括して受け取らず、4年間にわたって分割して受け取る以上、どうしても入学時の手当てが薄くなってしまうのは否めません。

後のことを心配するあまり、肝心の部分で困ってしまうようなことのないようによく考えておく必要があるでしょう。

例えば、大学入学後はもしかすると本人もアルバイトなどである程度の費用を自分で賄えるようになるかもしれません。

それに期待し過ぎるのは禁物でしょうが、かと言って全く期待できないと考えるのも甘やかし過ぎかもしれないでしょう。

保険商品によってはこの2つの役割を組み合わせたものもあります。

つまり、節目節目でお祝い金を受け取りながら、大学進学後にも4回に分けて満期金を受け取るようなタイプの商品です。

ですが、あまりにも受け取り方を複雑にするのも考え物でしょう。

いろいろなことに備えたいという気持ちは分からなくもありませんが、言ってしまえば将来のことなど誰にも分からないわけですし、保険によるお金で全てが解決できるとも限りません。

分かりやすい商品を選んでおいたほうが誤解も少なく気に病むことも少ないというメリットもあるかもしれません。

ところで、学資保険は基本的に大学進学時の入学金や授業料などに充てる目的の保険で、子供が18歳になったときに満期金が支払われるという商品ですが、子供が大学に進学しなかった場合はどうなるのでしょうか。

高卒で就職する人は今では少数派でしょうが、全くいないわけではありません。

あるいは、現役で合格できず浪人の道を選んだ場合はどうなるのでしょうか。

これは、大学に進学しなかった場合はお金も必要ないだろうから満期金は一切支払われない、などということはありませんから安心してください。

大学進学時にお金がかかるだろうからそれに備える目的の保険だというのは、説明を分かりやすくするために言っているに過ぎず、実際には子供が18歳になった時点で大学に進学しようがしまいが満期金は支払われます。

もっと言えば、満期金の使い道についても、入学金や授業料にしか使えないなどということは一切ありません。

何に使おうが自由です。

それこそ、大学進学と同時に一人暮らしを始めることになったのでワンルームマンションの敷金や礼金、賃貸料に使っても構いませんし、大学に進学せず就職することになったので例えば自動車の運転免許を取得するための費用に充てるといったことも全くの自由です。

ただ、浪人した場合はいずれ大学入学資金は必要になるでしょうから、そのためのお金は残しておくなりしたほうが良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*