Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険とこども保険、実際どちらを選べばいい?FPが分かりやすく解説!

子供が生まれたら子供のための保険への加入を検討する親が多いのですが、一般的に学資保険とこども保険などの言葉をよく耳にするけれど、実際にはどんな違いがあるのかというのは誰しも疑問に感じる点です。

こども保険とはどんな商品か

子供が生まれると親に万一のことがあった時に子供が成人するまでの間の生活を安定的に送れ、保険契約を継続できるようにという目的で加入するのがこども保険です。

この保険は元々子供を保障の対象者として契約するものであり、簡単に言うなら子供向けとして販売されている保険はどんなものもすべてが該当すると言う事になります。

その中には例えば子供専用の医療保険も含まれるし、将来の教育資金を積みたてる事を目的にしている保険も含まれます。

かつては積み立てを重視して加入するのが学資保険で、子供の病気や入院などの保障に備えたい場合はこども保険という緩やかな線引きが存在していました。

けれども現在は様々な保険商品が出現し、積み立ても医療保障や死亡保障、さらに育英年金などに関しても、加入者が希望する様々な保障を組み合わせて自由に組み立てる事の出来るものがその多くを占めるようになっています。

その為こども保険という名称であっても将来の教育費のための積立がしっかりとできるタイプの保険商品も多く、それぞれの差は明確ではなくなっているのが現代の特徴です。

大きなくくりで説明するなら子供を対象とした保険商品であるこども保険の一部分に学資保険が存在するという位置づけになっています。

学資保険の特徴とメリット

子供の将来のことを心配しない親はいません。

将来的に必要になってくるであろう教育費を、子供が生まれた時から長きにわたって積み立てて準備しておくために人気なのが学資保険です。

子供が成人するまでは希望する教育を受けさせ、独り立ちして親元から自立していくまでが親の務めでも、万一親の身に何かあった時には保険はおろか生活そのものが立ち行かなくなってしまう事も考えられます。

学資ほけんもこどもほけんも、親に万一のことがあった時にその後の保険料が不要で保険契約は継続し続けるなどの保障がしっかりついていることを確認することが大切です。

子供の体に何かがあった時の為に医療保障を充実させた学資ほけんもあるし、実際にはこどもほけんとの明確な差はなくなっているとはいえ、学資ほけんには将来的な教育費の積み立てという、比較的明確な目的があります。

もちろんこどもほけんでもその目的を達成できるのですが、将来大学などに進学するための資金を準備することを目的で加入する学資ほけんは、その他にはそれほど大きな保障を付けないという選択もできます。

その分満期返戻金がある程度の金額に設定できるものを選び、確実に安全に教育資金に備えられるのが学資ほけんに加入することのメリットです。

子供のための保険を選ぶときにチェックしたいポイント

子供のための保険商品を選ぶとき、学資保険にする方がいいのか、こどもほけんの方がいいのかという商品名の違いによる差別化はあまり意味がありません。

大きく言えばこどもほけんという商品の中に学資ほけんが含まれるという構造になるうえ、実際にはそれぞれの名称がついていたとしても、そこにどんな保障を付けるかが重要になるためです。

将来的な教育資金の準備を目的とするなら返戻率が高く、シンプルな設計の貯蓄型保険を選ぶのがおすすめです。

でも、子供のことを考えて医療保障や育英年金などもしっかりと付けたいと考える場合には、各種保障を手厚くする分保険料の積み立て部分が目減りして返戻率が低下してしまうのは避けられません。

でも、その分子供が万一病気やけがなどで入院したときには、給付金という形で受け取れるのがメリットです。

もちろん子供が病気やけがなどに見舞われない事が最も重要なのですが、もしも何度も病院にかかるような怪我や病気に見舞われた場合、最終的に加入者である親が受け取る給付金の額は、貯蓄を目的とした商品よりも多くなる可能性はあります。

要するに子供のための保険を選ぶ際には何を重視するか、その目的をはっきりさせることが大切なのです。

商品名のイメージで選ぶのではなく、子供のための医療保障などを充実させたいのか、あるいは確実に安全に教育資金を貯める事が目的で、返戻率が高く貯蓄目的を達成できるものを選びたいのかをはっきりとさせて選択することが大切です。

また、保護者である契約者の身に万一のことがあった時にも保険を解約せずに済むように、その後の保険料の負担を免除してくれる特約の有無は必ずチェックしておく必要があります。

その際に両親どちらを契約者にするのかは家族でよく話し合っておくようにしましょう。

子供の為の保険だけれど、子供の身に万一のことがあった時に高額の給付金が支給されるような契約になっている場合、親が思い描いていた本来の目的からは外れてしまう事になるので、内容については十分に吟味して選ぶようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*