Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険と個人年金保険の2つに加入する事に問題点はある?FPが分かりやすく解説!

学資保険と個人年金保険の2つに加入して何か問題点や税制上で困る事があるか気になる人は意外と少なくありません。

学資保険は子供の将来の教育資金に充てる為ですし、個人年金保険は自分の老後の生活資金等への準備の為に毎月掛け金を積み立てていき、そのお金を保険会社が運用する事で、加入者は契約した時に約束した金額を手にする事が出来るという契約です。

結論から先に言ってしまうと、これら2つの保険は、掛け金の控除がそれぞれ独立して出来ていますし、受け取る時の課税、時期を考えてみても、基本的には両方加入していても特に問題はありません。

しかし契約中に例えば子供に万が一の事があった時は、それぞれで事務処理に多少の差があるという事は知っておいた方が良いです。

では、掛け金の課税の取り扱いについてそれぞれどうなっているかを見ていくと、まず学資保険は契約者に万が一の事があった時に、満額融資を受け取る場合があるので、ある種生命保険の機能を持っている事になります。

今まで毎月支払ってきた掛け金についても、生命保険料控除という制度があって、控除されます。

一方個人年金保険は、残念ながら控除には該当しません。

そこで一般生命保険料控除と、年金保険料控除の枠で控除を行う事になります。

このようにこの2つは控除の枠が異なる為、それぞれが独立して税額を減らす事が出来る効果を持っている事が分かります。

その結果、所得税や住民税も2つ加入していた方が納める税額自体は減る事になります。

学資保険は、子供が中学生や高校生、大学生と一定の年齢になった時にまとまった一時金をもらう事が出来るのに対して、年金保険は、高齢となった一定の年齢以降に一時金や年金方式でお金を受け取る事が出来る制度です。

このお金を受け取る時に、2つの保険を契約している事で何か課税面で問題があるのかを見ていきます。

学資保険の場合、一時金を受け取る時は、税制上一時所得と見なされます。

しかし一時所得には一定の控除枠があり、運用益が一定額以上ない場合は、原則的に課税されないのでそれほど心配する必要はありません。

年金保険を見てみると、一時金でもらう時と、年金方式で受け取る場合とでは課税方法が違います。

一時金をもらう時は、学資と同じようにすれば良いですが、年金方式の場合は雑所得として見なされて課税所得を算出するという形になります。

このようにそれぞれの課税方法を見てきましたが、一時金としてもらう時期が違うという事を見ても、お互いに特に大きな影響はなく、年金保険を年金方式で受け取る場合はすでに、学資の受給もとっくに終わっているので2つ加入する事に問題ない事が改めて分かります。

他に気になる事といえば、契約中に万が一の事があった時の取り扱いの仕方です。

例えばまだ掛け金を払っている最中に、親に万が一の事があった時、学資の場合は基本的に機能として、その後は基本的に掛け金を払う必要はありません。

払わなくても契約した時の金額を受け取る事が出来ます。

しかし受給権は親から子供に相続という形になるので、当然そうなってくると相続税の対象になるので注意が必要です。

課税される場合は、受給者がまだ未成年の子供である事から、未成年控除という制度を使うと良いです。

この制度を使えば、年間で10万円の税額控除を受ける事が出来ます。

個人年金保険も、同じように子供が相続人となる場合は相続税の対象になる可能性があるので、その場合は同じ控除を使うと良いです。

掛け金を払っている最中に、子供に万が一の事があった時は、個人年金保険だと自分自身が受給権を持っているので特に何も影響を受ける事はありません。

しかし学資の場合は、今まで何年も頑張って積み立ててきた目的自体が終わってしまうので残念ですが契約は終了となります。

契約が終わると、もちろん契約内容にもよりますが、今まで子供の将来の為に積み立ててきたお金が戻ってくる事が多いです。

2つ契約していた場合で、こうした万が一の事が起きた時は、返還の手続きを悲しいですが行う事になります。

このように2つの保険の特徴を見てきましたが、学資保険は子供の将来の教育資金の為に積み立てるもので、個人年金保険は自分の老後の資金の為に掛け金をコツコツと積み立てていくもので、それぞれ掛け金についても所得控除が可能で、それぞれが独立して控除する事が出来るというのが分かりました。

またお金を受け取る時期も、子供が中学生や高校生、大学生と比較的若い時期と、自分が老後になった時と大きく離れています。

その為、基本的にはお互い影響がほとんどないという事も分かるので2つ同時に加入していても特に問題はありません。

もちろん毎月2つの保険の支払いをしていかなければならないので、経済的には多少苦しくなるかもしれませんが、子供や自分の将来の事を考えて2つ加入出来る余裕があるのであれば、是非加入した方が良いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*