Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

学資保険を妻のパート代から支払う場合には契約者などの項目に注意

子どもをきちんと育てるためには、相応の教育環境が必要です。

現代では家庭で親が教えられる範囲が限られているので、中学校までの義務教育と高校から大学卒業までの学費を負担しなければいけません。

最終的な学歴と卒業した学校のランクによって応募できる求人が大きく変わるため、親ができるだけ良い学校に通わせるのが一般的です。

賢い学費の準備としては、子どもが生まれた時点で契約する学資保険が有効になっています。

保険の本来の目的である相互扶助による社会福祉の側面がかなり強く、子どもが他人に迷惑をかけたことでの賠償や病気などによる治療費にも保険金が給付される場合が多いです。

具体的な保障は契約内容によりますが、基本的に他の保険と比べてお得になっています。

進学による祝い金を受け取る等の手続きがあることから、妻の名義で契約するケースも見られます。

確かに職場で忙しく働く夫よりは手続きがしやすい立場ですが、それでは契約者の死亡による以後の保険料の免除が機能しない恐れがあります。

たとえば、妻のパート代で保険料の払込みを行うから契約者にしていた場合、夫が死亡しても学資保険として全く影響がありません。

契約者の死亡による救済措置が発動せず、保険料の免除と育英年金の支給の両方がないまま変わらずに進行します。

妻の収入で家計を支えているケースは別として、原則的に夫を契約者にしておくのが鉄則です。

家族が困らないように備えておく保険で根本的なミスがあったら大変だから、いざという時に機能する契約にしておきましょう。

学資保険の受取人についても万が一の事態を考慮しておくのがポイントで、いかなる状況でも困らない人物にしておく必要があります。

ただし、現在の税制では契約者と受取人を同一人物にしておくことで税金がかかりにくいため、できるだけ同じにすることを推奨している状況です。

通常の生活が続けば何も問題はありませんが、契約者の死亡時や離婚時には速やかに保険会社に連絡と手続きをして受取人を変更しましょう。

手続きは所定の書類を提出するだけで済むので、せっかく払込んだ保険料をムダにしないためにも忘れずに行っておくのが大切です。

契約者と受取人を同じ人物にすることを勧める主な理由は、祝い金や満期返戻金を受け取った時に一時所得として扱われるからです。

一時所得は臨時収入の扱いでかなり優遇されており、控除によって一定金額までは非課税になります。

ところが、受取人が妻などの別の親族であると贈与税に変わるので、高めの税率によって税金を徴収されます。

一時所得はあくまで臨時的な収入だから優しくする一方で、家族間で資産を移動させる行為については税金対策の意味合いが強いので厳しい取り立てです。

子どものための学資保険による収入であっても現在の税制に従って判断されるので、実際に祝い金などを受け取る前にしっかり準備しておきましょう。

妻がパートをして家計を支えるケースが増えており、学資保険の保険料の払込みに充てるパターンが多いです。

家計の節税としては妻のパート代が年間で扶養控除のラインを超えないことが重要で、課税所得としてゼロになるように働き方を調整するのが常識になっています。

妻の収入が控除で打ち消しきれずに課税所得として出てくると、扶養控除の対象外になって様々な支払いに影響してくるので要注意です。

夫の勤務先から給付されている各種手当にも関係してくるため、子どものために働き始めたらかえって家計の出費が増えたとならないように注意しなければいけません。

カスタマイズによって必要な保障をつけられる学資保険ですが、保障を手厚くするほどに保険料が高くなります。

子どもの生活を総合的にサポートしてくれるからといって過剰な内容にするのは考えものだから、まず家族に必要な保障について具体的に考えてみる段階から始めましょう。

頭だけで考えるのではなく、紙に書いてリストアップするのが効果的です。

子どもが大きくなっていくと進学による行動範囲の増加もあるので、いつどういった出費があって資金繰りが間に合うのかを時系列で把握するのがコツとなります。

毎月の保険料としては親が加入する生命保険なども考慮する必要があり、妻がどれぐらいパートをするべきなのかを判断するためにも数字による具体的なライフプランを作成しましょう。

保険の見直しを担当してくれる窓口には人生設計を含めてアドバイスをしてくれる有資格者のプロがいるので、夫婦だけでは結論が出ない場合やプロの意見を聞きたい場合に利用するのが賢明です。

家計における出費は常に一定ではなく、車の買い替えといった人生のイベントの前後で大きく変動します。

そのため、一時的に家計が厳しくなる時期を上手く乗り越えるための計画を立てて、無理なく支払いをしていくのが理想的です。

パートによる家計の補助でライフプランがどう変わるのかが分かれば、目的意識を持って必要な分だけ働けます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*