Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

契約者に万一の時は代わりに保険料を負担してもらえる学資保険

子供の将来の教育費への備えに学資保険は根強い人気

結婚して子供が出来れば、その子の将来の進学資金として教育費をコツコツと貯める必要が生じます。

もちろん親の経済状況によっては将来のための教育費の貯蓄にまで手が回らないという人もいる事でしょう。

それでも大切なわが子の将来の学費への備えとして学資ほけんが根強い人気があるのは、安全に確実に資金を貯める事が出来る為です。

目的がはっきりとしているうえ、強制的に資金を積み立てる事になるため、他に流用しづらいという性質がとても将来の資金作りのために効果的だとされています。

どうして貯金では学資保険の代わりにはなれないか
子供に将来教育費などのお金を準備しなければならない事は誰もが理解しています。

でも、それならば何もあえて保険に加入しなくても、代わりに貯金をしておけばよいのではないかと思う人もいる事でしょう。

貯金のメリットは自由度の高さです。

たとえ子供の将来の教育資金のための貯金という確固たる目標を持っていたとしても、18年間もの間ぶれることなく同じ金額をきっちりと貯め続ける事は、よほど意志が強くなければ続けるのは難しいものです。

さらに景気の変動によってお給料の手取り金額も変わってくるし、そうなれば家庭内の余裕資金も当然影響を受ける事になります。

生活そのものが苦しくなった状態で、いくら子供の将来のための貯金と言っても、所詮は現金なのですから必要に迫られれば貯金を取り崩してしまう事に繋がるでしょう。

貯金はその自由度の高さが魅力の一つなのですから、困った時には取り崩すことはある意味当然と言えば当然です。

学資ほけんという形で積み立てる事は、万一生活が苦しくなってもそうやすやすと取り崩すことができない状態です。

最終的には子供の為の保険にまで手を付けなければならなくなる可能性があるのだとしても、少なくても一般的な貯金よりも取り崩すにあたってははるかに労力も必要とされるし、自分自身の気持ちの上での決断も必要とされます。

契約者である親に万一の事があった時にその実力がわかる
学資ほけんにも現在は様々なタイプがあり、貯蓄性ばかりではなく必要であれば多くの保障を付ける事が出来る商品もあります。

万一の時に将来の子供のための教育資金の積み立てをストップせずに済むのは、学資ほけんの強みであり最大の魅力です。

保険の契約者に万一の事態が起こっても、将来の子供の教育資金を確保できるようにする目的が備わっているのがこの保険の素晴らしいところです。

ここが通常の貯蓄とは全く違った点であり、契約者である親が亡くなったり重度の障害状態に陥って働けなくなった時に、その先の貯蓄を保障してくれるという仕組みなので、子供への万一の備えにはかなり強力で頼りになる存在です。

死別に限らず現在は離婚によってひとり親家庭で育てられる子供の数は増えていると言われます。

そうした社会情勢の変化に対応して、社会保障の在り方も緩やかに変化してきており、子供を扶養している側の親に何かあったら即破綻するというほど極端な落ち込みになる前に社会保障によるセーフティーネットが用意されています。

もちろん社会保障は増え続けて財政を圧迫しているのが現状なので、この先どんどん社会保障が手厚くなっていくとは考えられません。

だからこそ、自分で事前に準備できるセーフティーネットの役割が学資ほけんにはあるとも言えます。

学資保険に代わる貯蓄性の高い保険とは

保険は大きく分けて生命保険、医療保険、損害保険の3種類があり、こども保険はその中の生命保険の分野に属します。

そして学資ほけんはこども保険の一部と考えられ、貯蓄性を重視した内容であることがその特徴です。

現在は学資ほけんの機能が充実して様々な保障を付けられるようになっていることから、実際にはこども保険との明確な違いが少なくなっているとも言われますが、貯蓄性が高く確実に将来の教育資金を安定的に貯める事を目的にしているのが学資保険であることには変わりありません。

この代わりとなるもののひとつに貯蓄と死亡保障の両方を兼ね備えた養老保険というものがあります。

学資保険は契約者である親に万が一のことがあった場合にはその後の支払いが免除される仕組みですが、保険金や一時金などを受け取れるのは契約の際に決められたタイミングだけになります。

養老保険の方は万が一のことがあった時点で死亡保険金を全額支給されるので、その資金を元手に子供の教育資金に充当できます。

ただし、現在では養老保険は取り扱う保険会社が減少傾向にあり、どちらかと言えば退職金の運用などに活用される例の方がはるかに多い保険です。

また、投資信託などで資金を運用することで、将来の子供の教育資金を運用するという方法もあります。

ただし、当然ながら投資はハイリスクハイリターンが原則です。

良い時は確かに順調に資金が増えてゆくのですが、学資保険のように安全に確実に契約時の利率が約束されている物とは全く逆の性質を持つ方法であり、残念ながら確実に資金を準備する方法としては最適だとは思いにくいものです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*