Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/apccm.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

情勢が変る4歳からの学資保険についてFPが分かりやすく解説!

創造力を活用することによって人間は先の未来を予測することができますが、そのひとつとして子供のための学資保険があります。

先のことというのは目に見えないことですが、実際にはこれから起こりうることを考えて予防をすることで対応ができます。

これからの時代は教育分野はとても重要になりつつあるのは、日本のみならずインターナショナルな考え方をしていかないといけないからです。

その教育の為に学資保険を検討するには生まれる前から準備する場合もありますが、何もすぐに用意できなくても4歳からでも遅くは無いといえます。

何よりも若いころというのは給料や生活面でも苦労をすることが多く、子供が安定して大きくなってくることによって生活費などが楽になることも少なくありません。

お金を貯めることだけであれば、銀行預金やゆうびん貯金でも用意はできますが、メリットとしてあるのが払込免除特約がついているからになります。

これはわかりやすくいえば、契約者(両親のどちらかが加入している)に万が一のことがあった場合に、それ以降の支払いが免除になるというシステムになります。

そうなってくると一家の大黒柱がいなくなったとしても子供のための教育費が無くなるということになりませんので、活用の仕方によってはかなり安心ができます。

先行きの不安がある人では、必ず学資保険に加入をして将来の安心を得ていたほうがいいということがいえます。

また子供が進学をするとまとまったお金が必要になりますが、それをサポートしてくれるのがメリットです。

貯蓄をすることができるので、いつの間にかお金が貯まっていることになりますが、これを自分の意志だけでやろうとおもってもなかなかお金というのは貯まるものではありません。

生活の中で住宅を購入することもありますし、車のローンや生活費なども馬鹿にならないくらいかかることもあります。

一番、考えたくないのは病気などで高額な医療費を払わなくてはいけないことも考えられます。

これは自分達だけではなく、自分の両親や兄弟が困ったときにはサポートをしなくてはいけないのもあり、生活をしていくというのはそれだけ生半可な気持ちではお金を作ることができないからです。

そして4歳からでは保険は遅いというプランナーもいますが、実際にはどのくらいの余裕があり家計が助けてくれるのかを計算をすると、そんなに難しいものでもなく支払い総額の100%は払戻しがあるのがわかっています。

それだけにいまからすぐということではなく、4歳からでも考えておくことで人生設計も見直すことができるのも大きなメリットです。

また金融商品というのは近年は低金利時代となっている背景もありますので、あわてて加入する必要性も少なくなってきているのも現状です。

そして家庭環境の変化によって少子高齢化ということのほかにも、介護のことも視野に入れて生活を保障していくことが必要になっています。

それらを踏まえていくと家族がこれからも増えていくのかどうのなかということは、生活をする上でもとても重要になっていて、学資保険の検討に時間がかかることも当たり前です。

安易に加入しないでこれからの世間の情勢を見ながらどのように対処をしていくことがベストなのか、また教育環境なども変化する可能性も視野に入れることになります。

教育環境の変化では習い事が多くなっているのも、顧問の先生によって部活動の減少があり、スポーツに対する活動量が少なくなっています。

もちろん、塾なども通う生徒が多くなっていますので、この背景には学校教育に対する変化が大きくおきているといわざる得ません。

教育環境を整えていくには、義務教育が終わり高校から大学、また専門職へと進む場合にはお金がかかります。

保護者である両親が考えていくことで子供の将来を作っていくことができますし、理想のコースへ進むことができるとモチベーションも違ってきます。

特に医療などの専門職などに進みたい子供が増加しているのは、学力を挙げて将来的なイメージを高めていくことが生活を安定させることだとわかっているからです。

中には医療保障としてはあまり内容がどうかと考えている人もいます。

しかし、こちらも考え方であくまでも学資保険というは、子供の将来を前提にしていますので、医療とは切り離して考えることが無難といえます。

インフレリスクも考えられる点でもありますが、メリットが大きいのは日本は教育分野に対する手厚い保護をしていることです。

地域によって格差は多少ありますが、教育を受けることができない環境はどこにも存在しません。

これは世界に通用する学力を手に入れることができることがいえますし、まったく読み書きができない子供もいないので、将来性が高い国になっているのがわかります。

もちろん早い段階で加入するに越したことはありませんが、4歳からでも選んでみることが将来性を変えていきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*